船越永景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

船越 永景(ふなこし ながかげ、慶長2年(1597年) - 寛文10年9月1日1670年10月14日))は、江戸時代初期から前期の武将で江戸幕府旗本、茶人。父は船越景直。妹に北条氏盛室。先妻は浅野長政の養女(杉原長房の娘)[1]、後妻は稲葉道通の娘[2]。子に正景、景通がいる。初名は吉勝。号は宗舟。受領名は伊予守。

生涯[編集]

摂津・河内・大和に6000石余の所領を持つ江戸幕府の旗本。永景は古田織部小堀遠州らに師事し、父景直と共に茶人として知られる。

徳川幕府の普請奉行を務め、従五位下伊予守に叙任される。寛文5年(1666年)11月8日に、4代将軍徳川家綱の所望により、片桐石州と共に点茶をして名声を博した[3]。寛文10年(1670年)9月1日没、74歳。

脚注[編集]

  1. ^ 『寛政重修諸家譜』巻第三百九
  2. ^ 『寛政重修諸家譜』巻第八百八十八
  3. ^ 『厳有院実紀附録』

参考文献[編集]

  • 末宗廣編『茶人系譜』河原書店、1977年