船越英一郎殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
船越英一郎殺人事件
ジャンル テレビドラマ
企画 加藤達也(フジテレビ編成部)
脚本 波多野都
監督 猪原達三
出演者 船越英一郎
エンディング 菅原紗由理「いつの日も」
製作
プロデューサー 平部隆明
大健裕介
白石裕菜
鈴木俊明(ホリプロ)
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年8月24日
放送時間 金曜 19:57 - 21:55
放送枠 金曜プレミアム
放送分 118分
回数 1
金曜プレミアム

特記事項:
フジテレビほか一部同系列局を除き、21:49飛び降り。

芸能生活35周年特別企画 船越英一郎殺人事件』(ふなこしえいいちろうさつじんじけん)は、2018年8月24日フジテレビ系「金曜プレミアム」で放送されたテレビドラマ。主演は船越英一郎。船越の芸能生活35周年を記念して制作されたスペシャルドラマ。

船越英一郎が本人役で出演する2時間サスペンスの総決算で、船越の歴史が垣間見える作品[1]

あらすじ[編集]

世田谷撮影所で船越英一郎が主人公のテレビドラマシリーズ、東洋テレビドラマ特別企画 船越英一郎・芸能生活35周年記念企画「独身貴族探偵・桜小路優 10」の撮影が行われていた。撮影中、セットの扉を開けると沢村仁志の遺体が倒れ込んできた。遺体が発見されたCスタジオは撮影時密室だった。Cスタジオには撮影関係者、スタッフ、出演者を含め38人がいた。

キャスト[編集]

世田谷撮影所のCスタジオにいた容疑者[編集]

  • 船越英一郎(「独身貴族探偵・桜小路優 10」主人公) - 船越英一郎(本人役)
  • 桜庭彩乃(船越英一郎マネージャー) - 夏菜[2]
  • 花巻裕也(ハナマキ商会 専務) - 桐山漣[3]
  • 海老原勇作(アカイ企画 社長) - 河相我聞
  • 三木本新(監督) - 中村靖日
  • 源田孝介(喫茶「ゲンさん」マスター) - 木下ほうか
  • 柳真奈美(東洋テレビ アシスタントプロデューサー) - 内山理名
  • 山村紅葉(「独身貴族探偵・桜小路優 10」出演者) - 山村紅葉(本人役)
  • 山下容莉枝(「独身貴族探偵・桜小路優 10」犯人役) - 山下容莉枝(本人役)
  • 林泰文(「独身貴族探偵・桜小路優 10」殺され役) - 林泰文(本人役)
  • 山田純大(「独身貴族探偵・桜小路優 10」鑑識役) - 山田純大(本人役)

その他[編集]

  • 沢村仁志(東洋テレビ チーフプロデューサー) - 相島一之
  • 畑山(警視庁南世田谷警察署 刑事) - 小松和重
  • 坂本直道(警視庁南世田谷警察署 刑事) - 菊田大輔[4]
  • 源田アスカ(源田の娘・芸名「京花アスカ」) - 美山加恋
  • 鑑識 - 今野浩喜
  • 市川悦子(世田谷撮影所 清掃員) - 角替和枝
  • 帝王ホテル 従業員 - 南雲勝郎
  • ゴシップ記者 - 山口竜央
  • 築山可奈(アナウンサー) - 築山可奈[5](本人役)
  • 世田谷撮影所 警備員 - 山縣有斗
  • 街頭インタビューされた女性 - 福島一美
  • 東央会中央病院 看護師 - 三江彩花、川野桂子
  • ジョガー - 真分喜治、掛川緑
  • 萬田久子 - 萬田久子(本人役)
  • 吉田鋼太郎 - 吉田鋼太郎(本人役)
  • 内藤剛志(情報番組「ゴゴチャ」MC) - 内藤剛志(本人役)
  • 北大路欣也(ナビゲーター) - 北大路欣也(本人役)

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “船越英一郎“最初で最後”の本人役で2時間サスペンス主演「愛情たっぷりなプレゼント」”. ORICON NEWS. (2018年8月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2116741/full/ 2018年9月12日閲覧。 
  2. ^ バイオグラフィー - トヨタオフィス
  3. ^ プロフィール - ヒラタオフィス
  4. ^ 船越英一郎殺人事件 - 菊田大輔 オフィシャルブログ 2018年8月21日
  5. ^ お知らせ - 築山可奈 オフィシャルブログ 2018年8月23日