色即是空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典の一つ『般若心経

色即是空(しきそくぜくう)とは、『般若心経』等[注釈 1]にある言葉で、仏教の根本教理といわれる。この世のすべてのものは恒常な実体はなく縁起によって存在する、という仏教の基本的な教義空即是色と対をなす。「色即是空」の区切りは「色、即是、空」とされる。 [1][2]

(ルーパ)は、宇宙に存在するすべての形ある物質現象を意味し、(シューニャ)は、恒常な実体がないという意味。

すなわち、目に見えるもの、形づくられたもの(色)は、実体として存在せずに時々刻々と変化しているものであり、不変なる実体は存在しない(空)。仏教の根本的考えは因果性縁起)であり、その原因(因果)が失われれば、たちまち現象(色)は消え去る。

抜粋[編集]

色不異空、空不異色、色即是空、空即是色

(参考訳)
色は空と異ならず、空も色と異ならず、色即ち空なり、空すなわち色なり。

—  般若心経

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 般若心経だけでなく、さらに古層に属する般若経維摩経大般涅槃経などに頻出するが、人口に膾炙しているという点で『般若心経』が挙げられることが多い。

出典[編集]

  1. ^ goo辞書 - しき-そくぜ-くう【色即是空】。この辞書では出典を『般若心経』としている。
  2. ^ 故事ことわざ辞典 - 色即是空、空即是色。この辞典も同様、『般若心経』を出典としている。

関連項目[編集]