色原みたび

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

色原 みたび(いろはら みたび、5月24日 - )は、日本漫画家男性血液型AB型。『少年マガジンR』にて「欲鬼」を連載。

概要[編集]

高校生の頃から本格的に絵を描き始め、専門学校に通いつつ、講談社の第17回「月マガ新人漫画賞グランドチャレンジ」において読み切り作品「.GOD」で佳作を受賞し、2012年10月発売の『月刊少年マガジン+』Vo.4の、本誌掲載権争奪新人読切バトル「グランドチャレンジチャンピオンカーニバル(GCCC)」にて「.GOD」が掲載された[1]。さらに、第20回の同漫画賞では読み切り作品「感情欠落者」で佳作を受賞する[2]。この「感情欠落者」は加筆修正された後に読み切り作品「E.L.E.R. [エラー]」として、2013年2月20日発売の『月刊少年マガジン+』Vol.5に掲載された[3]

その後、同年6月と10月発売の『月刊少年マガジン+』Vol.6とVol.7にて、山原義人原作の「THE ABSOLUTE」を前後編で連載し[4][5]2015年4月20日創刊の『少年マガジンR』第1号より「欲鬼」の連載を開始した。その際に『少年マガジンR』創刊号の表紙も飾っている。なお、同年4月5日発売の『月刊少年マガジン』2015年5月号において「欲鬼」の先行読切が掲載されている。

元々のペンネームは「RBY」で、その由来はペンネームを決める際に何となく思い付いた信号の色の「Red」「Blue」「Yellow」の頭文字から。変更後の現在のペンネーム「色原みたび」は、RBY=三原色を逆から読んだもの。本人は気に入っているものの、親からは「ださい」の一言で片づけられたという。影響を受けた漫画家は大暮維人

作品一覧[編集]

連載作品[編集]

  • 欲鬼(『少年マガジンR』、2015年1号(2015年4月) - 2019年3号(2019年4月))全30話+読切2話。

読み切り作品[編集]

  • .GOD(『月刊少年マガジン+』Vol.4(2012年10月18日))
  • E.L.E.R. [エラー](『月刊少年マガジン+』Vol.5(2013年2月20日))新人漫画賞佳作受賞時のタイトルは「感情欠落者」。
  • THE ABSOLUTE(原作:山原義人。『月刊少年マガジン+』Vol.6(2013年6月20日)、Vol.7(2013年10月19日))

注釈[編集]

  1. ^ 『月刊少年マガジン+』Vol.4
  2. ^ 第20回月マガ新人漫画賞グランドチャレンジ入賞者発表
  3. ^ 『月刊少年マガジン+』Vol.5
  4. ^ 『月刊少年マガジン+』Vol.6
  5. ^ 『月刊少年マガジン+』Vol.7