芙蓉の人〜富士山頂の妻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芙蓉の人〜富士山頂の妻』(ふようのひと ふじさんちょうのつま)は、新田次郎の小説、並びにそれを原作としたテレビドラマの作品である。

明治25年(1892年)、日本気象予報を正確に把握するために、富士山の山頂に観測所を設置しようと、野中到は富士山に登頂し、冬の寒さに耐えながら気象観測に力を尽くす。この物語は到と、彼と行動を共にした夫人・千代子との夫婦愛と、気象観測に情熱を注いだ人生を描いたノンフィクションである。

概要[編集]

『太陽』(平凡社1970年(昭和40年)1月号から1971年(昭和41年)3月号まで連載。1971年、文藝春秋より刊行。1975年に文春文庫に収める。

書誌[編集]

  • 『芙蓉の人』文藝春秋、1971年。
  • 『芙蓉の人』文藝春秋〈文春文庫〉、1975年。
  • 『新田次郎全集 第5巻 芙蓉の人・モルゲンロート』新潮社、1975年。
  • 『芙蓉の人 新装版』文藝春秋〈文春文庫〉、2014年6月。ISBN 978-4-16-790122-6

テレビドラマ[編集]

1973年版[編集]

1973年1月24日、同年1月31日NHK総合テレビジョンで放送。全2回。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出 - 中山三雄

1977年版[編集]

1977年12月5日から1978年1月30日までに東京12ch(現・テレビ東京)で放送。全9回。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出 - 矢崎一雄

1982年版[編集]

1982年4月1日に前編が、2日に後編が、NHK総合テレビジョン「少年ドラマシリーズ」の作品として放送。全2回

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 新田次郎芙蓉の人
  • 演出 - 佐藤和哉
  • 脚本 - 新藤兼人
  • 音楽 - バルトーク・ベーラ「ピアノ協奏曲 第3番」より
  • 美術 - 蒔田穣
  • 効果 - 宮本騏嘉
  • 技術 - 谷脇健一
  • カメラ - 白井政治
  • 照明 - 斎藤弘
  • 音声 - 鈴木清人
  • 制作 - 黛叶
  • 協力 - 野中厚、気象庁、静岡営林署、東京豊海冷蔵、

2014年版[編集]

2014年7月26日から毎週土曜21:00 - 22:00、全6回「土曜ドラマ」にて放送。

出演[編集]

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出
第1話 2014年07月26日 初恋の石
第2話 2014年08月02日 ふもとの嘘
第3話 2014年08月16日 天空の笑顔
第4話 2014年08月23日 生きて
第5話 2014年08月30日 極限の誓い
最終話 2014年09月06日 運命のかけら
平均視聴率 6.4%[1](視聴率は関東地区、ビデオリサーチ社調べ)
  • ※特記事項
    • 第1話は通常の再放送(7月28日未明=27日深夜)に加え、特別に8月2日未明=1日深夜の0:10-1:10に再放送が行われた。
    • 8月9日は『思い出のメロディー』他夏季特別番組のため休止
    • 8月23日は『NHKプロ野球・巨人対中日』放送のため、21:30-22:30放送予定

脚注[編集]

  1. ^ 「発表! 第82回ドラマアカデミー賞」、『ザテレビジョン関西版』第20巻46号(2014年11月21日号)、KADOKAWA、 10頁。

参考文献[編集]

関係作品[編集]

NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
55歳からのハローライフ
(2014.6.14 - 2014.7.12)
芙蓉の人〜富士山頂の妻
(2014.7.26 - 2014.9.6)
ボーダーライン
(2014.10.4 - 2014.11.1)