芝哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

芝 哲夫(しばてつお、1924年6月17日 - 2010年9月28日 )は、日本の化学者。専門は生物有機化学。

人物・略歴[編集]

1924年(大正13年)6月17日生まれ。

1946年大阪帝国大学理学部化学科卒業。 1959年 大阪大学 理学博士 論文の題は「グルタミン酸ペプチドの研究 」[1]1971年(昭和46年)、大阪大学理学部教授。

1982年(昭和57年)「生体機能解明のためのペプチド、糖に関する有機合成研究」で日本化学会賞を受賞し、細菌毒素の研究で知られる[2]日本化学会 副会長、近畿化学協会 部会長を歴任し、1988年(昭和63年)に大阪大学名誉教授、財団法人蛋白質研究奨励会ペプチド研究所所長、 1991年(平成3年)、化学史学会会長となる。 また、蘭学適塾の研究でもしられ、関西日蘭協会会長などをもつとめる。

2010年(平成22年)、86歳で死去。 著作に『日本の化学の開拓者たち』などがある。


受賞歴[編集]

  • 1982年 - 日本化学会賞
  • 1987年 - NIHフォガティ賞(National Institutes of Health,Fogarty Scholar Award)
  • 1996年 - 西宮市民文化賞
  • 2000年 - Royal Netherlands Academy of Arts and Science,Gratama Award
  • 2000年 - 大阪市民表彰
  • 2002年 - 勲三等旭日中綬章[3]
  • 2005年 - 大阪文化賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 博士論文書誌データベースによる
  2. ^ 芝哲夫(しばてつお)とは - コトバンク
  3. ^ 「2002年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2002年11月3日朝刊

関連項目[編集]