芝池博明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
芝池 博明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市須磨区
生年月日 (1946-06-21) 1946年6月21日(73歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト5位
初出場 1969年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

芝池 博明(しばいけ ひろあき、1946年6月21日 - )は、兵庫県神戸市須磨区出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

滝川高校では3年次の1964年夏の甲子園県予選決勝で育英鈴木啓示と投げ合い1-0で完封勝利。この予選では6試合完封を記録し、夏の甲子園では1回戦で倉橋寛(南海大洋)・加藤俊夫のバッテリーを擁する仙台育英を1-0で完封したが、2回戦で宮崎商のエース・水谷実雄と投げ合うも1-4で敗退。高校卒業後は専修大学へ進学し、1年次の1965年から主力投手として起用され、春8勝、秋7勝の活躍で東都大学リーグ連続優勝に貢献。日本選手権では準決勝の東海大戦で完全試合を達成するなど活躍し、決勝でも立命館大を降して優勝している。この時のチームメートに佐野真樹夫三塁手佐藤正治外野手がいた。2年次の1966年以降はチームが低迷したため、優勝には届かなかった。リーグ通算成績は、登板数87試合(歴代1位)、41勝(歴代1位)31敗、防御率2.17、282奪三振、最高殊勲選手2回、最優秀投手1回、ベストナイン1回。大学同期には田谷文雄外野手(日本軽金属)らがいる。1968年のドラフト5位で近鉄バファローズに入団。アマチュア時代の実績は抜群のものだったが、「投げ過ぎで盛りを過ぎている」というスカウト評があったため、下位指名にとどまった。1年目の1969年は3試合登板、2年目の1970年は一軍登板ゼロに終わるが、3年目の1971年に一軍に定着。先発から中継ぎに転向して自己最多の43試合に登板、防御率1.71の好記録を残す。1972年5月6日東映戦(日生)では大杉勝男にデッドボールを与えてしまい、バットを持った大杉に追われるという体験をしている[1]1973年には金銭トレードで太平洋クラブライオンズに移籍するが、結果を残せず、1975年には柳田豊と共に、土井正博との交換トレードで近鉄に再び移籍。復帰1年目の同年は抑えに回って自己最多の5勝4セーブを記録し、球団創設以来初のリーグ後期優勝に貢献。阪急とのプレーオフでも3試合に登板。10月15日の第1戦(西宮)では5回途中から鈴木をリリーフ、乱打戦となるがチームの唯一の勝利試合に勝利投手となった。10月20日の最終第4戦(藤井寺)でも井本隆をリリーフして好投するが、9回に福本豊に決勝本塁打を喫し敗戦、日本シリーズ出場はならなかった。1977年には白滝政孝との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍するが、14試合の登板にとどまる。一軍登板がゼロとなった1978年に現役を引退。

引退後は明石市で「居酒屋シーバー41」を経営する傍ら、プロ野球マスターズリーグでも大阪ロマンズの選手としてプレー。2005年からはコーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 近鉄 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 26 5.2 8 0 2 0 1 6 0 0 5 3 4.50 1.76
1971 43 4 0 0 0 2 5 -- -- .286 364 95.1 66 9 21 6 2 36 0 0 28 18 1.71 0.91
1972 40 1 0 0 0 3 2 -- -- .600 241 60.2 48 7 23 2 2 29 1 0 27 25 3.69 1.17
1973 太平洋 23 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 195 46.1 55 7 8 0 1 13 1 1 32 30 5.87 1.36
1974 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 3.2 7 1 1 0 1 2 0 0 3 3 6.75 2.18
1975 近鉄 27 0 0 0 0 5 1 4 -- .833 329 84.1 74 5 12 0 4 32 0 0 23 21 2.25 1.02
1976 30 0 0 0 0 0 4 4 -- .000 156 38.2 33 7 13 1 1 25 0 0 22 21 4.85 1.19
1977 中日 14 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 116 26.2 28 8 10 0 1 16 1 0 18 13 4.33 1.43
通算:8年 184 6 0 0 0 11 13 8 -- .458 1446 361.1 319 44 90 9 13 159 3 1 158 134 3.34 1.13

背番号[編集]

  • 23(1969年 - 1971年)
  • 11(1972年)
  • 13(1973年 - 1974年)
  • 30(1975年 - 1977年)
  • 60(1978年)

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン』 2002年秋季号、120頁。

関連項目[編集]