芝浜ゆらゆら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
芝浜ゆらゆら
林家たい平シングル
リリース
ジャンル 演歌
レーベル コロムビアミュージックエンタテインメント
チャート最高順位
  • 79位(年末)
テンプレートを表示

芝浜ゆらゆら(しばはまゆらゆら)は、落語家林家たい平2006年10月18日に発売した、CDシングルである。

概要[編集]

日本テレビの深夜番組『歌スタ』で審査に合格し、CDデビューを果たした。
曲のジャンルは演歌だが、収録曲はどちらも和楽器を用いないJ-POPである。
CDショップなどでの配置ジャンルは落語(たい平の落語CDと並列)になっていることが多い。
2006年末のランキングでは79位にランクイン(出演番組である『笑点』の大喜利挨拶時に、実際に言っていた)。
また、たい平が出演していたラジオ番組・『テリー伊藤のってけラジオ』(ニッポン放送月~金13:00-15:30、パーソナリティはテリー伊藤で、たい平は特捜班キャップ)でも一時期エンディング曲として使用されていた。
独演会などで披露するときには桑田佳祐のものまねをしながら歌うことがある。

歌詞の世界[編集]

大元は古典落語の演目である『芝浜』。これをたい平が独自に現代風にアレンジして新作落語化させたのが『SHIBAHAMA』であり、『芝浜ゆらゆら』の歌詞の中の世界はたい平の『SHIBAHAMA』の方をベースとしている。

収録曲[編集]

  1. 芝浜ゆらゆら
    (作詞:マシコタツロウ・林家たい平/作曲・編曲:マシコタツロウ)  
  2. 一緒にいよう
    (作詞・作曲・編曲:マシコタツロウ)  
  3. 芝浜ゆらゆら(インストゥルメンタル
  4. 一緒にいよう(インストゥルメンタル)