芝田米三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

芝田 米三(芝田 米造、しばた よねぞう、1926年大正15年)9月12日 - 2006年平成18年)5月15日[1])は、日本洋画家金沢美術工芸大学教授を務めた。日本芸術院会員。従四位。

経歴[編集]

京都生まれ。1939年京都商業学校入学、今井憲一に師事し油絵を学ぶが、戦時下入営、戦後、独立美術京都研究所で須田国太郎に師事する。1950年独立展独立賞、サロン・ド・プランタン賞受賞、1963年安井賞展安井賞受賞、1965年、1971年、1973年と渡欧。1974年安井賞選考委員、日伯美術連盟評議員、1975年ブラジル・サンパウロ州議会より騎士賞授与、1978年京都府芸術会館理事、1979年訪ソ、1989年京都府文化功労賞、1993年独立美術協会功労賞、1994年京都市文化功労賞、「楽聖讃歌」で日本芸術院賞を受賞、日本芸術院会員。1999年勲三等瑞宝章受章 従四位授与される。

画風[編集]

動物、人のキリスト教的な作風で知られる。具象派。

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、536頁。