芝祐泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
芝 祐泰
生誕 (1898-03-19) 1898年3月19日
出身地 日本の旗 日本
死没 (1982-10-10) 1982年10月10日(84歳没)
学歴 宮内省雅楽練習所
ジャンル 雅楽
職業 雅楽師

芝 祐泰(しば すけひろ、1898年3月19日 - 1982年10月10日)は、雅楽師日本芸術院会員。東京府出身。古代以来の宮廷雅楽師狛氏の一族で、鎌倉時代の芝真葛より分かれた。父は芝祐夏(1859-1928)、長男は芝祐久、三男が芸術院会員芝祐靖

履歴[編集]

著述[編集]

  • 雅楽 第1-2集 竜吟社 1955-56
  • 五線譜による雅楽歌曲集 国立音楽大学出版部 1964
  • 雅楽通解 国立音楽大学出版部 1967
  • 五線譜による雅楽総譜 巻1-4 カワイ楽譜 1968-1972

作曲・編曲[編集]

  • 祝福と歓喜
  • 幻影
  • 嘉辰(独唱と管弦楽)
  • 葬送行進曲(雅楽「竹林楽」の編曲)
  • 祝典と歓喜(越天楽の編曲)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『朝日新聞』1948年4月29日(東京本社発行)朝刊、2頁。