芝辻清右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

芝辻 清右衛門(しばつじ せいえもん、生没年不詳)は、紀州根来西坂本の鉄砲鍛冶。妙西、仙斎とも。

根来で刀鍛冶をしていたが、津田算長種子島に伝来した火縄銃2挺のうち1挺を種子島時尭から買った)に銃の複製を依頼され、1545年、紀州一号を完成させた。

これにより根来に鉄砲集団が現れる要因が生まれた。清右衛門は後にに移り、同地もやがて鉄砲の一大産地となる。