芝野虎丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 芝野虎丸 名人
Shibano Toramaru20190812.jpg
阪急納涼囲碁まつりにて(2019年8月)
名前 芝野虎丸
生年月日 (1999-11-09) 1999年11月9日(19歳)
出身地 神奈川県相模原市
所属 日本棋院東京本院
在位中タイトル 名人
段位 九段
概要
七大タイトル
名人 1期 (2019)
テンプレートを表示

芝野 虎丸(しばの とらまる、1999年平成11年)11月9日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士九段神奈川県相模原市出身[1]洪道場出身。兄は同じ囲碁棋士の芝野龍之介。

第26期竜星戦優勝者[2]。入段からリーグ入りの最短記録保持者名人戦リーグ入り・本因坊戦リーグ入りの史上最年少記録保持者[3][4]。歴代2位のリーグ入り年少記録保持者[5]。全棋士参加棋戦獲得の最短記録保持者[6]七大タイトル最年少獲得記録保持者(名人位)。

経歴[編集]

ヒカルの碁のファンだった親の影響により、囲碁を始める[7]

洪清泉が主催する東京都杉並区の洪道場出身。おなじ道場出身者に一力遼平田智也藤沢里菜などがいる[8]

2014年9月1日初段[9]

2015年10月9日付けで勝ち星対象棋戦通算30勝にて二段に昇段。

2016年10月、第41期棋聖戦Cリーグ4勝1敗でBリーグ昇格[10]。10月21日付けで勝ち星対象棋戦通算40勝にて三段に昇段。

2017年7月31日、第26期竜星戦余正麒七段に中押し勝ちし優勝。これにより入段から2年11カ月での全員参加棋戦のタイトル獲得の最短記録(2年11カ月)[6]井山裕太に次ぐ歴代2位の年少記録を更新した[11]。また、8月1日付けで規定により七段に昇段七段昇段の最短記録も更新(2年11カ月)[6]。8月7日、第65期王座戦本戦決勝進出[12]。9月4日、第73期本因坊戦史上最短(3年0カ月)・本因坊戦史上最年少でリーグ入り(17歳9カ月)を果たす[4]。10月2日には第42期新人王戦に優勝[13]。11月2日、第43期名人戦最終予選で一力遼七段に勝利し名人戦史上最年少でリーグ入り(17歳11カ月)を果たす[3]。本因坊に続いて最年少記録を更新した。

2018年4月29日、第4回日中竜星戦柯潔九段に中押し勝ちし優勝[14]。日本代表選手の優勝は初めて。10月6日、阿含・桐山杯決勝で一力遼八段に敗れる。

2019年、第44期名人戦では6勝2敗で河野臨九段と同率首位となり、その後8月8日に行われたプレーオフで河野九段に黒番半目勝ちし、プロ入りから史上最速の4年11カ月、また史上二人目となる10代での名人挑戦を決めた[15]。規定により八段昇段も決めた。挑戦手合七番勝負では張名人に4勝1敗で七大タイトル史上最年少での名人位を獲得(19歳11ヶ月)[1][16]、さらに10月9日付けで規定により史上最短での九段昇段(5年1ヶ月)を決めた[17]

棋戦決勝進出結果[編集]

棋戦 期・回 対局日 相手 勝敗
優勝 1 竜星戦 第26期 2017年9月25日 余正麒七段 1-0
優勝 2 新人王戦 第42期 2017年10月2日 孫喆五段 2-0
優勝 3 日中竜星戦 第4回 2018年4月29日 柯潔九段 1-0
準優勝 1 阿含・桐山杯 第25期 2018年10月6日 一力遼八段 0-1

主な成績[編集]

(2019年10月8日現在)

獲得タイトル[編集]

タイトル 番勝負 獲得年度 登場 獲得期数 連覇
名人 七番勝負
9-11月
第44期 1 1期
国際棋戦
国内棋戦
  • 竜星戦:1期(2017年第26期)
  • 新人王戦:1期(2017年第42期)

記録[編集]

最年少・最短の記録
  • 入段からタイトル獲得までの年数:2年11カ月(第26期竜星戦)
  • 最年少・最短本因坊戦リーグ入り(17歳9カ月、3年0カ月)
  • 最年少名人戦リーグ入り(17歳11カ月)
  • 最年少七大タイトル・名人位(19歳11カ月)
棋道賞
  • 勝率第1位賞:1回(2015年[18]
  • 最多勝利賞:1回(2017年[19]
  • 最多対局賞:1回(2017年)
  • 連勝賞:1回(2017年)
  • 新人賞(2017年)

著書[編集]

  • アルファ碁Zeroの衝撃 ~龍虎vs最強AI~ 芝野龍之介(著)、芝野虎丸(著)マイナビ出版(囲碁人ブックス)2018年5月16日

脚注[編集]