芥川瑠璃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

芥川 瑠璃子(あくたがわ るりこ、1916年9月21日 - 2007年8月1日)は、日本随筆家東京府(現:東京都)出身。夫は俳優演出家芥川比呂志芥川龍之介の次姉・ヒサと2番目の夫・西川豊の長女で、龍之介の長男である比呂志は従弟に、ヒサと先夫の息子葛巻義敏は異父兄にあたる。

来歴・人物[編集]

義父で叔父の芥川龍之介、夫で従弟の芥川比呂志を始め、芥川家一族を描いた回想記を著した。
2007年8月1日、心筋梗塞のため東京都目黒区の病院で死去した。90歳没。

著作[編集]

  • 『双影 芥川龍之介と夫比呂志』(新潮社 1984年)
  • 『影灯篭 芥川家の人々』(人文書院 1991年)
  • 『青春のかたみ 芥川三兄弟』(文藝春秋 1993年)
  • 編著 『芥川比呂志書簡集』(作品社、1982年)
  • 遺著 『百年の薔薇 芥川の家の中で』(春陽堂書店、2014年)、芥川耿子編

参考書籍[編集]

  • 娘の芥川耿子による『女たちの時間 芥川家四代の女性たち』(廣済堂出版、1992年)