芦ノ牧トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道118号標識
国道121号標識

芦ノ牧トンネル(あしのまきトンネル)は、福島県会津若松市にある道路トンネルである。

概要[編集]

  • 全長:335.0m
  • 幅員:6.5(8.5)m
  • 有効高:4.5m
  • 竣工:1970年3月
会津若松市大戸町大字小谷に位置する。蛇行する阿賀川に沿い、芦ノ牧温泉市街地の狭隘区間を通る従来の国道121号の改良事業としてバイパスが建設されるに伴い、1967年度より建設された[1]。後に1993年に国道指定延伸に伴い国道118号の重用路線となった。
芦ノ牧温泉の位置する高台を貫く。北詰は旧道と平面交差する十字路であり、芦ノ牧温泉のエントランスとして機能しており、角には観光案内所が建っている。南詰では旧道と立体交差する。
坑門と擁壁には鶴ヶ城の石垣をイメージした装飾がなされ、露天風呂に入浴する家族などのイラストが描かれている。

周辺[編集]

脚注[編集]

座標: 北緯37度21分52秒 東経139度54分46秒