芦奈野ひとし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
芦奈野 ひとし
生誕 (1963-04-25) 1963年4月25日(55歳)[1]
日本の旗 日本神奈川県横須賀市[1]
職業 漫画家
活動期間 1994年 -
代表作 ヨコハマ買い出し紀行
受賞
テンプレートを表示

芦奈野 ひとし(あしなの ひとし、1963年4月25日[1] - )は、日本漫画家神奈川県横須賀市出身[1]

1994年アフタヌーン四季賞春のコンテストで四季賞を受賞した『ヨコハマ買い出し紀行』が連載化してデビューし、代表作となった[1]

略歴[編集]

  • 1994年(平成6年) - 『ヨコハマ買い出し紀行』でアフタヌーン四季賞春のコンテスト四季賞を受賞[1]、「月刊アフタヌーン」で連載が始まる。
  • 1998年(平成10年) - 『ヨコハマ買い出し紀行』がOVA化される。
  • 2000年(平成12年) - 『ヨコハマ買い出し紀行』が第24回講談社漫画賞一般部門の候補作となる。
  • 2002年(平成14年) - 『ヨコハマ買い出し紀行』が再びOVA化される。
  • 2006年(平成18年) - 『ヨコハマ買い出し紀行』連載終了。
  • 2007年(平成19年) - 7月、「月刊アフタヌーン」で『カブのイサキ』の連載が始まる。9月、『ヨコハマ買い出し紀行』が第38回星雲賞コミック部門を受賞[2]
  • 2012年(平成24年) - 『カブのイサキ』連載終了。
  • 2014年(平成26年) - 「月刊アフタヌーン」で『コトノバドライブ』の連載が始まる。
  • 2017年(平成29年) - 『コトノバドライブ』連載終了。

作風[編集]

スクリーントーンと斜線で陰影を表現したシンプルな画面と、ノスタルジックでのんびりしつつも少し不思議な物語、セリフの少ない独特の間のとりかたを特徴とする[要出典]

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

画集・その他[編集]

  • ヨコハマ買い出し紀行-ポストカードブック(1997年、講談社)
  • ヨコハマ買い出し紀行-芦奈野ひとし画集(2003年、講談社)

イラスト[編集]

  • トリビュート to 宙のまにまに 草間望&羽鳥晴子(2009年、月刊アフタヌーン) - 2009年8月号に掲載。柏原麻実作の漫画作品『宙のまにまに』を題材にしたイラスト作品。

インタビュー[編集]

  • ヨコハマ買い出し紀行-ラジオドラマCD化記念(ぱふ雑草社 1996年3月号)
  • ヨコハマ買い出し紀行-OVA化記念(ぱふ、1998年7月号)
  • 迷いに行きますので-芦奈野ひとし(アウトライダーミリオン出版 2002年1月号)
  • カラーイラストテクニック-芦奈野ひとし(ぱふ、2003年2月号)

関連人物[編集]

鶴田謙二
デビュー当時は鶴田謙二のような漫画家を目指したいと語っており、大きな影響を受けている[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]