芦野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
芦野駅
あしの
Ashino
猿払 (4.8km)
(6.3km) 鬼志別
所在地 北海道宗谷郡猿払村字芦野
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 天北線
キロ程 87.4km(音威子府起点)
電報略号 アノ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1920年大正9年)11月1日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 天北線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の芦野駅と周囲約500m範囲。左上が南稚内方面。側線は全て撤去され、無人化に伴い駅舎ホーム側に棒線化されているが、かつては周囲の駅と同じく相対ホーム2面2線と副本線、貨物ホームに引込み線をもつ木材出荷駅だった。右上に見える猿骨川からストックヤードまで伸びた水路の跡が残されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

芦野駅(あしのえき)は、かつて北海道宗谷支庁宗谷郡猿払村字芦野に設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)天北線廃駅)である。電報略号アノ。天北線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の西側(南稚内方面に向かって左手側)に存在した[1]分岐器を持たない棒線駅となっていた。かつては2面2線の相対式ホームを有する、列車交換可能な交換駅であった。

無人駅(駅舎内で乗車券を発券する、簡易委託駅)となっていたが、有人駅時代の駅舎が残っていた。駅舎は構内の西側に位置し、ホーム中央部分に接していた。出入口だけアルミサッシに変更された古い木造駅舎であった[1]。なお、ホームには花壇が設けられていた[1]。1983年(昭和58年)時点の簡易委託の駅務員は、70歳を過ぎた老人男女であった[1]

駅名の由来[編集]

当駅が所在していた地名より。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡[編集]

猿払駅 - 鬼志別駅間の線路跡は、北海道道1089号猿払鬼志別線に転用されている。2001年(平成13年)時点では猿払駅跡から当駅跡までは完成済み、鬼志別駅跡までは工事中の状況であった[4]。2010年(平成22年)時点では鬼志別駅跡まで完成し、上下2車線の立派な道路となっている[5]。2011年(平成23年)時点でも同様であった[2]。当駅の跡地は、交通公園として整備されている。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
天北線
猿払駅 - 芦野駅 - 鬼志別駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)190ページより。
  2. ^ a b 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)251ページより。
  3. ^ a b c 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)17ページより。
  4. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVIII』(JTBパブリッシング2001年8月発行)42ページより。
  5. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)18ページより。

関連項目[編集]