花のお嬢吉三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

花のお嬢吉三(はなのおじょうきちざ)は宝塚歌劇団舞台作品。花組[1]公演。

1974年1月1日から1月29日[1](新人公演:1月16日[2][3])まで宝塚大劇場で公演された。

形式名は「舞踊劇[1]」。10場[1]

併演作品は『カルナバル・ド・タカラヅカ[2]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演を参照[4]

歌舞伎「三人吉三廓初買」を題材に、正月向けに作られた作品。お嬢吉三は興行中に不祥事を起こして座を追われる。その後、茶屋の娘・おとせに出会うが、お嬢はおとせの持っていたお金を奪ってしまう・・・。

甲にしきの宝塚サヨナラ公演。

スタッフ[編集]

主な出演者[編集]

本公演(配役も含む)
新人公演(配役も含む)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 60年史別冊 1974, p. 148.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 60年史別冊 1974, p. 149.
  3. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 294.
  4. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 139.

参考文献[編集]

  • 編集発行人:橋本雅夫 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』 宝塚歌劇団1974年
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日ISBN 978-4-484-14600-3。