花のサンフランシスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
花のサンフランシスコ
スコット・マッケンジーシングル
初出アルバム『The Voice of Scott McKenzie』
B面 ホワッツ・ザ・ディファレンス
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1967年
ジャンル フォークロック
時間
レーベル オード・レコード
作詞・作曲 ジョン・フィリップス
プロデュース ルー・アドラー、ジョン・フィリップス
チャート最高順位
スコット・マッケンジー シングル 年表
No, No, No, No, No
(1966年)
花のサンフランシスコ
(1967年)
Look in Your Eyes
(1967年)
テンプレートを表示

花のサンフランシスコ」(San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair))は、スコット・マッケンジー1967年に発表した楽曲。モントレー・ポップ・フェスティバルのプロモーションのために製作された。

概要[編集]

1965年頃より米国では、反戦の象徴として花を用いたり着飾ったりすることが若者たちの間で行われるようになっていた(Flower power と呼ばれた)。ママス&パパスジョン・フィリップスをこのことを踏まえ本作品を書き上げた。フィリップスとマッケンジーはかつてニューヨークでドゥーワップ・グループ、アブストラクツを結成しており、旧知の仲であった。フィリップス自身がギターを弾き、ジョー・オズボーン(ベース)、ハル・ブレイン(ドラムズ)、ゲイリー・L・コールマンら(グロッケンシュピールチューブラーベル)らがレコーディングに参加した。プロデューサーはルー・アドラーとフィリップスが務めた[2]

1967年5月4日、シングルA面曲として発売[1]。B面はマッケンジーが書いた「ホワッツ・ザ・ディファレンス(What's the Difference)」。6月16日から3日間、カリフォルニア州モントレーで開かれた野外コンサート「モントレー・ポップ・フェスティバル」のテーマソング的役割を果たす。

同年7月1日付のビルボード・Hot 100で4位を記録した[3]全英シングルチャートで1位を記録し、ビルボードの1967年の年間チャート48位を記録した。

D・A・ペネベイカーが監督したフェスティバルの記録映画『Monterey Pop』(1968年12月公開)の冒頭で流れる。

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

先代:
ビートルズ
愛こそはすべて
全英シングルチャート 1位
1967年8月9日 - 8月30日(4週)
次代:
エンゲルベルト・フンパーディンク
ラスト・ワルツ