花の名前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

花の名前』(はなのなまえ)は、斎藤けんによる少女漫画。『LaLa DX』(白泉社)に2004年3月号から2007年9月号まで連載された。単行本は全4巻が白泉社(花とゆめCOMICS)から刊行されている。夏目漱石夢十夜』の第一夜から影響を受けている[1]

あらすじ[編集]

事故で両親を失い、ショックから心を閉ざしてしまった蝶子。彼女を遠縁の作家・京が引き取るが、彼もまた心に闇を抱えている。そんなふたりは一緒に暮らしていくうちに惹かれ合っていくが―。

登場人物[編集]

水島 蝶子(みずしま ちょうこ)
物語の開始時に高校3年生。高校1年生のときに事故で両親を失い、親戚中をたらいまわしにされた末、京に引き取られた。趣味は園芸。誕生日は12月24日。
水島 京(みずしま けい)
物語の開始時に30歳。直木賞の受賞歴がある作家。『花名』という自身と蝶子をモチーフにした小説を書いた。
秋山 慎一(あきやま しんいち)
京の担当編集者。自称・京の大学時代からの親友。
立松 伊織(たてまつ いおり)
秋山の1つ上の幼なじみ。京の過去に関わる。
唐沢 葉介(からさわ ようすけ)
大正文士の会の部員。蝶子と同学年。先輩たちからはパー介と呼ばれている。
千田 藤子(ちだ ふじこ)
大正文士の会の部員。蝶子の1年先輩。雄高と付き合っている。
加藤 雄高(かとう ゆたか)
大正文士の会の部員。蝶子の1年先輩。通称・タカ。藤子と付き合っている。
黒部 美妃(くろべ みき)
大正文士の会の部員。蝶子の1年先輩。美容の専門学校を出ている。
水島 遥(みずしま よう)
蝶子の父親で、京の従兄。
水島 さくら(みずしま さくら)
蝶子の母親。
水島 渚(みずしま なぎさ)
京の母親。
片岡 整(かたおか せい)
京の兄。
片岡 藤矢(かたおか ふじや)
京の祖父。事業家。
肇先生(はじめせんせい)
蝶子の祖父。蝶子が高校1年生のときから入院している。
志摩さん(しまさん)
蝶子の祖父の知人。入院中の世話をしている。

単行本[編集]

  • 第1巻 2005年6月10日発行 ISBN 4-592-18825-X
  • 第2巻 2006年3月10日発行 ISBN 4-592-18216-2
  • 第3巻 2007年1月10日発行 ISBN 978-4-592-18217-7
  • 第4巻 2007年11月10日発行 ISBN 978-4-592-18218-4

脚注[編集]