花の高2トリオ 初恋時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
花の高2トリオ
初恋時代
監督 森永健次郎
脚本 才賀明
製作 堀威夫
相沢秀禎
出演者 森昌子
桜田淳子
山口百恵
音楽 服部克久
主題歌 森昌子・桜田淳子・山口百恵「初恋時代」
撮影 萩原憲治
編集 井上治
製作会社 ホリ企画制作
配給 東宝
公開 日本の旗 1975年8月2日[1]
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億9600万円[2]
テンプレートを表示

花の高2トリオ 初恋時代』(はなのこうにトリオはつこいじだい)は、1975年8月2日[1]東宝系で公開された日本映画。製作:ホリ企画制作。東宝・ホリプロダクション(現:ホリプロ)サンミュージック提携作品。

概要[編集]

1972年から1973年にかけて、日本テレビ系列で放送されたオーディション番組『スター誕生!』でデビューし、一躍芸能界で人気者となった森昌子桜田淳子山口百恵の通称「花の中三トリオ」(当時は「花の高2トリオ」)を主演にした青春映画。製作にあたっては、『スタ誕』のチーフプロデューサーだった池田文雄(当時日本テレビ)が企画に携わっている。

ストーリーは、前半は東京にやって来たアカネ(桜田)、アオイ(山口)、ミドリ(森)の3人がデザイナーの矢沢恵子とその夫・一平と知り合い、更に東南大学のボート部主将・柳田に恋焦がれ、後半では、交通事故で両親を失い、自分も足を痛めた少年・弘のために、熱気球を作り、弘を乗せるという展開となっている。

共演者には、フランキー堺南田洋子といったベテランや、当時ホリプロ映画に出演していた夏夕介、そして当時『スタ誕』のレギュラーだった黒部幸英が「クロベー」名義で出演している。また子役として、後にテレビ特撮『小さなスーパーマン ガンバロン』(日本テレビ系列)に主演する安藤一人が出演する。

5億9600万円の配給収入を記録、1975年(昭和50年)の邦画配給収入ランキングの第4位となった[2]

2011年8月31日に公開から36年たって初めてDVDで商品化された。

監督は日活出身の森永健次郎だが、本作が映画最終作となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

「初恋時代」

  • 作詞:阿久悠/作曲:都倉俊一/編曲:高田弘/歌:花の高2トリオ(森昌子、桜田淳子、山口百恵)
  • 歌詞は3番まで有り、各番とも前半はソロ、後半は合唱となっている。そしてソロパートは、1番は森、2番は桜田、3番は山口となっている。
  • それぞれ所属する事務所レコード会社が異なるため、同楽曲はソロバージョンでレコーディングされている。森バージョンはアルバム『あの人の船行っちゃった』[3]、桜田バージョンは『桜田淳子ベストコレクション'76』[4]、山口バージョンは『Best of Best 山口百恵のすべて』に収録された。現在は桜田淳子と山口百恵のバージョンのみがCD化されており、桜田バージョンが『16才の感情+9』に、山口バージョンが『GOLDEN J-POP/THE BEST 山口百惠』、『MOMOE PREMIUM update』、『Complete MOMOE PREMIUM』、『コンプリート百恵伝説』、『GOLDEN☆BEST 山口百恵 アルバム・セレクション』に収録されている。

同時上映[編集]

青い山脈

参考資料[編集]

Goo映画

関連項目[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 多くのデータベースで8月9日公開と記されているが全くの誤りである。
  2. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、206-207頁。ISBN 4-87376-595-1。
  3. ^ 森の公式サイトにあるディスコグラフィでは作曲者名が平尾昌晃と記載されているが全くの誤りである。
  4. ^ 桜田バージョンについては竜崎孝路がアレンジを担当。