花は咲く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花は咲く
花は咲くプロジェクトシングル
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル flying Dog
作詞・作曲 岩井俊二(作詞)
菅野よう子(作曲)
プロデュース 小田真由美
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 11位(オリコン
  • テンプレートを表示

    花は咲く」(はなはさく)は、2012年に発表されたチャリティーソング。同年5月23日flying Dogビクターエンタテインメント)から発売された。

    解説[編集]

    2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の被災地および被災者の物心両面の復興を応援するために制作されたチャリティーソングで、日本放送協会(NHK)が、震災後の2011年度から行っている震災支援プロジェクト「NHK東日本大震災プロジェクト」のテーマソングとして使用するために企画制作した曲である。国内向け放送(ラジオ第2放送を除く)・国際放送(NHKワールドTVは歌詞および出演者の英語字幕を追加表記)とも編成の空いた時間帯を利用して随時この曲を流している[※ 1]

    作詞は宮城県仙台市出身の岩井俊二が手掛け、作曲・編曲はやはり同県同市出身[1]菅野よう子が担当している。歌唱参加者は、岩手県・宮城県・福島県の出身者とゆかりのある歌手タレントスポーツ選手で、「花は咲くプロジェクト」名義となっている。

    作詞の岩井は「この歌は震災で亡くなった方の目線で作りました」と、また作曲・編曲の菅野は「100年経って、なんのために、あるいはどんなきっかけで出来た曲か忘れられて、詠み人知らずで残る曲になるといいなあと願っています」と語っている。

    この楽曲の作詞・作曲家への印税は、全額がNHK厚生文化事業団を通じて被災地の自治体義援金として寄付される[2]。そのため、この楽曲が音源でカバーされたり、コンサートで歌われたり、テレビ・ラジオでオンエアされる度に義援金が増えてゆくという仕組みになっている。

    なお、PVでは鈴木京香のみ歌っておらず、黙祷するように目を閉じている演出がなされた[3]

    英語版も製作されており、イル・ディーヴォが歌唱を担当している[4]

    2014年6月より、羽生結弦が実際に被災したアイスリンク仙台で滑る「花は咲く〜羽生結弦Ver.〜」が放送され、ピアノと歌唱は羽生と親交のある指田郁也が担当している[5]。また2014年7月より、前述の演技の合間に静止写真を挟み込んだ「花は咲く〜羽生結弦フォトメモリアルVer.〜」も放送された。「花は咲く〜羽生結弦Ver.〜」は、NHKのテレビ国際放送「NHKワールドTV」が開催する「NHK Viewers' Choice Award 2014」のスポーツ&テクノロジー部門において1位に選出された[6]。さらに2014年の「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」(なみはやドーム)のエキシビションにおいて羽生が披露した演技に、別角度から撮影した映像などを加え、再編集を行い再発信した「羽生結弦 世界へ届ける「花は咲く」」が2014年12月より放送された[7]

    2015年4月に菅野の提案で歌詞の一部を変更した[8]

    大和ネクスト銀行が調査したシニア層(50歳から79歳)が選ぶ、2014年心に響いた歌ランキングで第2位を獲得[9]

    シングル発売元であるフライングドッグにおいて、チャリティー楽曲は史上初である[※ 2]

    収録曲[編集]

    全作詞:岩井俊二、作曲・編曲:菅野よう子

    1. 花は咲く [5:05]
      歌:花は咲くプロジェクト
    2. 花は咲く [4:55]
      歌:岩田華怜AKB48) - 歌唱者の中で唯一の被災者である。
    3. 花は咲く [4:39]
      歌:Members from The Little Singers of Tokyo
    4. 花は咲く(instrumental)[4:31]

    初回限定盤DVD[編集]

    1. 「花は咲く」<オリジナルフルバージョン>
    2. AKB48 岩田華怜「花は咲く」を歌う。
    3. 【特典映像】 「花は咲く」を録る、撮る。(10日間の制作現場密着映像)

    参加者[編集]

    出身地の自治体ごとに掲載。なお、自治体名は2013年1月現在のもので表記。

    岩手県

    宮城県

    福島県

    カバー[編集]

    オリジナル版で歌唱していない歌手も含め、カバー版も複数リリースされている。2015年3月にコンピレーションアルバム『ハナハサク』が発売され、2015年までの定時番組放送で使用されたシングルは、ほぼ収録されている。

    定時番組で放送のもの
    • 鈴木梨央 - アニメバージョン(詳細は後述)。
    • ウィーン少年合唱団 - コンピレーションアルバム『ハナハサク』(2015年3月6日発売)に収録。
    • イル・ディーヴォ - アルバム『ミュージカル・アフェア』(2013年10月23日発売)に収録。
    • 高畑充希 - コンピレーションアルバム『ハナハサク』(2015年3月6日発売)に収録。
    • 指田郁也 - コンピレーションアルバム『ハナハサク』(2015年3月6日発売)に収録。
    • May J. - 「花は咲く ~大好き♡東北Ver.~」としてカバー。アルバム『Futuristic』(2017年10月25日発売)に収録。
    • 臼澤みさき - シングル「花は咲く〜盛岡2016〜/花は咲く〜花は咲グ〜」(2016年2月17日発売)でカバー。c/w曲は故郷である岩手県なまりで歌っている[10]
    • 山寺宏一水樹奈々 - 「花は咲く〜アニメスター・バージョン〜」としてカバー[11][12]2016年10月5日にシングル化(後述)。
    • 錦織圭羽根田卓也・内村航平他 -「花は咲く~リオデジャネイロ メダリストバージョン~」としてカバー、2016年夏のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで日本中を沸かせたメダリストたち総勢55人が歌う。
    その他
    • 門倉有希 - シングル「蝶」(2012年4月25日発売)でカバー。オリジナル歌唱歌手によるセルフカバーとなる。
    • 石川さゆり - アルバム『X -Cross-』(2012年9月19日発売)でカバー。
    • 辻井伸行 - ミニアルバム『辻井伸行 plays 花は咲く』(2012年10月17日発売)でカバー。福島県郡山市立安積中学校合唱部との共演も収録。
    • 幸田浩子 - アルバム『ふるさと〜日本のうた〜』(2013年4月17日発売)に収録。
    • 三宅由佳莉 - アルバム『祈り〜未来への歌声』(2013年8月28日発売)に収録。
    • ヘイリー・ウェステンラ - アルバム『アメイジング・グレイス~祈り ヘイリー・グレイテスト・ヒッツ』(2014年3月26日発売)に収録。
    • 徳永英明 - カバーアルバム『VOCALIST 6』(2015年1月21日発売)初回限定盤のボーナストラックおよび、ライブアルバム『Concert Tour 2015 VOCALIST & SONGS 3 FINAL at ORIX THEATER』(2016年6月8日発売)に収録。
    • 稲垣潤一森麻季 - 稲垣のデュエットカバーアルバム『男と女5』(2015年9月30日発売)に収録。
    • 村治佳織 - アルバム『RHAPSODY JAPAN』(2016年10月26日発売)に収録(限定版付録のDVDには映像も)。
    • 渡辺貞夫 - アルバム『SADAO WATANABE Re-Bop』(2017年10月25日発売)に収録。

    コンピレーションアルバム[編集]

    NHK「明日へ」東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」コンピレーションアルバム ハナハサク
    指田郁也イル・ディーヴォウィーン少年合唱団他オリジナルバージョン収録スタジオ・アルバム
    リリース
    ジャンル J-POP
    時間
    レーベル フライングドッグ
    プロデュース 菅野よう子
    テンプレートを表示
    収録曲
    1. 花は咲く 羽生結弦バージョン / 指田郁也
    2. 花は咲く FLOWERS WILL BLOOM~Hana wa Saku~ / Melba Ramos
    3. 花は咲く オルゴールバージョン
    4. 花は咲く / 高畑充希
    5. 花は咲く~FLOWERS WILL BLOOM / イル・ディーヴォ
    6. 花は咲く ピアノバージョン / PIANO:菅野よう子
    7. 花は咲く / 岩田華怜(AKB48)
    8. 花は咲く / Members from The Little Singers of Tokyo
    9. 花は咲く / ~雪の夜 / PIANO:菅野よう子
    10. 花は咲く / 西田敏行
    11. 花は咲く / ウィーン少年合唱団
    12. 花は咲く / アニメバージョン / 鈴木梨央(合唱:福島県双葉郡大熊町立大野小学校合唱部の皆さん)
    13. 花は咲く / 花は咲くプロジェクト
    14. 花は咲く / ~2015 / 小貫岩夫 / ウィーン・オペラ舞踏会管弦楽団
    15. 花は咲く / instrumental
    16. 花は咲く / FLOWERS WILL BLOOM~Hana wa Saku~オリジナルカラオケ

    鈴木梨央によるカバー[編集]

    親と子の「花は咲く」
    鈴木梨央
    福島県双葉郡大熊町立大野小学校合唱部の皆さん
    シングル
    B面 Flowers will bloom
    リリース
    規格 マキシシングル
    ジャンル J-POP
    レーベル avex trax
    チャート最高順位
    鈴木梨央 年表
    - 親と子の「花は咲く」
    (2013年)
    かあかあカラスの勘三郎/Danceしない?
    2016年
    テンプレートを表示

    親と子の「花は咲く」」(おやとこの「はなはさく」)は、鈴木梨央の1枚目のシングル2013年4月17日avex traxから発売された。 また、菅野よう子が新たに編曲したヴァージョンを鈴木梨央・福島県双葉郡大熊町立大野小学校合唱部が歌い、こうの史代がキャラクターデザイン、片渕須直が監督を務めたアニメーションが作成された。この作品が製作される時点で、片渕はこうのが原作の「この世界の片隅に」のアニメ化を構想しており、2016年に劇場公開された。

    収録曲
    1. 花は咲く(アニメバージョン)
    2. Flowers will bloom(「花は咲く」英語バージョン)
    3. 花は咲く(アニメバージョン オリジナル・カラオケ)
    4. Flowers will bloom(「花は咲く」英語バージョン オリジナル・カラオケ)
    5. 花は咲く(アニメバージョン ガイドメロディ入オリジナル・カラオケ)
    DVD
    • アニメ・花は咲く(歌詞なし)
    • アニメ・花は咲く(歌詞あり)
    • アニメ・花は咲く(ガイドメロディ入カラオケ)
    • 花は咲く(Music Video)


    アニメスター・バージョン[編集]

    花は咲く〜アニメスター・バージョン〜
    山寺宏一水樹奈々シングル
    リリース
    規格 マキシシングル
    ジャンル J-POP
    レーベル キングレコード
    テンプレートを表示

    花は咲く〜アニメスター・バージョン〜」は、山寺宏一[※ 9]水樹奈々によるシングル。後述のテレビ放送に合わせて製作され、2016年10月5日キングレコードより発売。作曲者の菅野よう子による再アレンジが施されており、CDには放送で使われたデュエットバージョンの他に、山寺・水樹それぞれのソロバージョン、オフボーカルバージョンも収録する[13][14]

    2018年1月10日発売の水樹のベストアルバム『THE MUSEUM III』にデュエットバージョンが収録された。

    構成・演出は針生悠伺、アニメーション監督は水江未来

    収録曲
    1. 花は咲く〜アニメスター・バージョン〜(山寺宏一&水樹奈々ver.)
    2. 花は咲く〜アニメスター・バージョン〜(山寺宏一ver.)
    3. 花は咲く〜アニメスター・バージョン〜(水樹奈々ver.)
    4. 花は咲く〜アニメスター・バージョン〜(off vocal ver.)

    公式アレンジ集(インストゥルメンタル版)[編集]

    NHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」NHK交響楽団ほか
    NHK交響楽団ほかシングル
    リリース
    レーベル 日本コロムビア
    テンプレートを表示
    収録曲[15]
    1. 花は咲く オーケストラ(NHK交響楽団) 指揮:梅田俊明/編曲:吉松隆
    2. 花は咲く 吹奏楽(東京佼成ウインドオーケストラ) 指揮:川瀬賢太郎/編曲:加羽沢美濃
    3. 花は咲く フルートピアノ(フルート:上野星矢/ピアノ&編曲:内門卓也)
    4. 花は咲く サクソフォン&ピアノ(アルト・サックス:田中靖人/ピアノ&編曲:朝川朋之)
    5. 花は咲く ギターソロ(ギター:朴葵姫(パク・キュヒ)/編曲:佐藤弘和)

    関連番組[編集]

    定時番組[編集]

    「花は咲く」に関する番組は、『復興支援ソング 花は咲く』のミニ番組としてNHKテレビ各チャンネル(総合EテレBS1BSプレミアム)で随時放送されている。以下のバージョンが放送された。

    • 「花は咲く」ミュージックビデオ
    • アニメバージョン - 鈴木梨央・会津若松市立一箕小学校の生徒による歌唱
    • イル・ディーヴォによる歌唱
    • ウィーン少年合唱団による合唱
    • 荒川静香と地元のジュニアスケーターの滑走と児童合唱団のコラボレーション
    • 羽生結弦バージョン - 地元仙台のスケートリンクで滑り指田郁也が歌唱とピアノを担当
    • アニメバージョン - 高畑充希による歌唱。「花は咲く 東北に咲く」として、どーもくんとチャロがざしきわらしを東北へ送り届けるアニメーションが放送。ざしきわらしの声を高畑充希がつとめる。監督は加藤道哉
    • NHK杯フィギュア・スペシャルエキシビションバージョン - 東北ゆかりの荒川静香・本田武史鈴木明子・羽生結弦の4人で滑り臼澤みさきが歌唱
    • アニメスター・バージョン - 山寺宏一水樹奈々による歌唱。NHKで放送されたものも含めた新旧の人気アニメ作品の映像を繋げて放送する。2016年3月12日 23:40に初回放送し以後随時放送[11]。登場作品は以下の通り。
    • 楽天イーグルスバージョン-東北楽天ゴールデンイーグルスの選手・監督による歌唱。
    テレビアニメ
    凡例:
    ●=NHKで本放送
    ○=民放での本放送後にNHKで放送
    太字=本放送中の作品
    アニメ映画

    「花は咲く リオデジャネイロ メダリストバージョン」

    参加アスリート[17]

    オリンピックメダリスト
    競泳

    シンクロナイズドスイミング

    体操

    レスリング

    柔道

    バドミントン

    陸上

    テニス

    卓球

    ウェイトリフティング

    カヌー

    パラリンピックメダリスト
    柔道

    競泳

    • 津川拓也

    陸上

    自転車

    車いすテニス

    車いすラグビー

    • 今井友明
    • 羽賀理之
    • 山口貴久
    • 若山英史

    「花は咲く ピョンチャンバージョン」

    参加アスリート

    オリンピックメダリスト
    スピードスケート

    スケートショートトラック

    フィギュアスケート

    スキージャンプ

    スキー フリースタイル

    スノーボード

    アイスホッケー

    カーリング

    パラリンピックメダリスト
    アルペンスキー

    クロスカントリースキー

    バイアスロン

    スノーボード

    • 小栗大地

    アイスホッケー

    明日へ1min

    主にNHK総合で随時放送。このスポットの中で、辻井伸行によるピアノ演奏、森麻季によるソプラノ歌唱が紹介されたほか、震災後に遺体安置所として使用された宮城県総合運動公園総合体育館(宮城県利府町)で2012年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会が開催されたことに併せ、アイスリンク仙台にて荒川静香が宮城県のジュニアスケーターと共にNHK仙台少年少女合唱隊の歌唱に合わせ演技するバージョンも制作された。

    TSUNAMI バイオリンが奏でる 花は咲く

    2013年度に放送。岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」でチェロが製作されるまでを追ったミニドキュメントで、ヨーヨー・マチェロで「花は咲く」を演奏。ナレーションは倉木麻衣

    特別番組など[編集]

    "花は咲く"スペシャル〜一つの歌がつむぐ物語〜
    東北地方の花をめぐる物語を紹介し、スタジオで「花は咲く」を熱唱。出演は西田敏行・荒川静香(ともに司会)、千昌夫・森公美子・サンドウィッチマン・中村雅俊・前野博紀(ゲスト)、辻井伸行(ピアノ演奏)。ナレーションは鈴木京香。
    放送日時:2012年9月5日 20時00分 - 20時43分(NHK総合)
    花は咲くコンサート
    東北地方向けの地域情報番組東北Z』の一企画として放送。出演はイケメン'ズ・熊谷育美・畠山美由紀・マギー審司・中村雅俊・原田直之、菅野よう子(指揮)。ナレーションは岩田華怜。
    放送日時:2012年10月26日 19時30分 - 20時43分(NHK総合・東北地方、再放送は翌日の10時05分 - 11時18分)、2012年11月25日 1時10分 - 2時23分(NHK総合・全国、11月24日深夜)、2013年2月2日 13時30分 - 14時43分(BSプレミアム)
    震災から2年 "明日へ"コンサート
    鈴木梨央・会津若松市立一箕小学校 合唱部(合唱)・西田敏行・中村雅俊・荒川静香・岩田華怜・"明日へ"合唱団(合唱)により歌唱。
    放送日時:2013年3月9日 18時30分 - 22時00分([NHK BSプレミアム)、同日 19時30分 - 20時45分(NHK総合)
    花は咲くスペシャル〜復興を願う心のうた〜
    NHKのホームページで募集した市民の合唱・独唱を紹介しつつ、この歌に込められた被災地住民や市民の思いについて取材。またアニメ版も制作過程を含め初公開された。出演は西田敏行(ナビゲーター)、荒川静香、中村雅俊、森公美子、新沼謙治、イリーナ・スルツカヤ、鈴木梨央、菅野よう子、辻井伸行、ウイーン少年合唱団など。
    放送日時:2013年3月14日 20時00分 - 20時43分(NHK総合)
    被災地へとどけ 希望の舞 〜羽生結弦の”花は咲く”〜
    羽生結弦による演技バージョンのメイキング映像と、震災と復興に対する羽生の決意などを追うドキュメンタリーとなっている。
    放送日時:2014年7月12日 16時30分 - 16時53分(NHK総合)、同年7月21日 16時30分 - 16時53分ほか再放送多数。

    楽曲採用事例(関連番組を除く)[編集]

    NHKテレビ放送番組[編集]

    第63回NHK紅白歌合戦
    2012年12月31日放送。西田敏行・中村雅俊・森公美子・荒川静香・サンドウィッチマン・辻井伸行(ピアノ演奏)・菅野よう子(指揮)・花は咲く合唱団(合唱)による歌唱。また、紅組司会で同年上期の連続テレビ小説梅ちゃん先生』の主演である堀北真希が、岩手県陸前高田市の女性医師を訪れるミニドキュメントも放送された。
    MUSIC JAPAN
    岩田華怜による歌唱(ソロバージョン)。2013年1月6日放送。
    第64回NHK紅白歌合戦
    2013年12月31日放送の第1部ラストで紅組司会・綾瀬はるかと出場歌手で歌唱。同年放送の大河ドラマ八重の桜』の主演である綾瀬が福島県大熊町の中学生を訪問する様子も放送された。
    第65回NHK紅白歌合戦
    2014年12月31日放送の第1部で徳永英明が歌唱。手術のため入院中だった羽生結弦に対する見舞いの言葉から紹介され、徳永の背景のスクリーンで羽生の演技映像が流れるという演出がなされた。
    第66回NHK紅白歌合戦
    2015年12月31日放送の第2部でYOSHIKI(X JAPAN)のピアノ演奏にて司会陣(黒柳徹子、綾瀬はるか、井ノ原快彦)、出場歌手ならびにゲスト審査員の一人である羽生結弦が歌唱。

    民放テレビ放送番組[編集]

    100年の音楽(テレビ東京BSジャパン
    地上波(テレビ東京)の2015年3月6日放送分[18][19]、およびBS(BSジャパン)の同年3月12日放送分[20]に於いて、川井郁子ヴァイオリン演奏により当楽曲がとりあげられた。
    BS日本・こころの歌BS日テレ
    2015年10月12日放送分に於いて、番組内結成コーラスグループ「FORESTA」の合唱によりとりあげられた[21]ほか、同年3月に発売された番組オリジナルDVDにも収録されている[22]
    おんがく交差点(BSジャパン)
    2017年3月1日放送分の番組後半「ヴァイオリンの小径」コーナーに於いて、大谷康子のヴァイオリン独奏により当楽曲が演奏された[23]

    ラジオ番組[編集]

    アーティストBOXかしわプロダクション配給)

    その他[編集]

    第85回センバツ高校野球
    入場行進曲として当楽曲が選定されている[24]。当該大会の中継ではエンディングで岩田華怜によるソロバージョンが流れたほか、GAORAによる中継では試合のインターバルに岩田版もしくは花は咲くプロジェクト版が流れていた。
    NHKふれあいセンター(視聴者窓口)
    受付電話の保留音として本曲を採用。
    NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017埼玉公演
    2017年3月11日・12日に開催された水樹奈々のライブツアーの最終公演。1日目が東日本大震災発生6年目となることから、アンコールで「アニメスター・バージョン」を歌唱。11日は水樹単独で、12日はゲストとして山寺宏一も加わり2人で歌った[25]

    関連曲[編集]

    花は咲けども - 山形県長井市のフォークグループ・影法師が本曲のアンチテーゼとして製作した曲。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 編成の時間に合わせて、5分のフルバージョンや2分あるいは1分のショートバージョンなどがある。
    2. ^ これはアニメ音楽を本業としている同社としても異例。
    3. ^ 東京都生まれ。1歳半より高校卒業まで宮城県仙台市および利府町に在住。
    4. ^ 仙台市生まれ。黒川郡富谷町(現・富谷市)にも在住歴あり。
    5. ^ 岐阜県可児市生まれ。2歳から旧古川市に移住。
    6. ^ 京都府京丹後市生まれ。
    7. ^ 東京都生まれ。小学校から高校卒業まで在住。
    8. ^ 静岡県生まれ。6歳から高校卒業まで在住。
    9. ^ 山寺は宮城県塩竈市出身である。
    10. ^ 2016年1月にBSプレミアムでの同年4月からの放送が発表されていた[16]

    出典[編集]

    1. ^ 作曲は菅野よう子さん、仙台出身コンビです。 @0rp13137726303m 《花は咲く》の作詞されたんですね。 岩井俊二ツイッター
    2. ^ 「震災から1年」について (PDF) - NHK広報局 2012年2月22日
    3. ^ NHK「花は咲くスペシャル」取材会より。
    4. ^ イル・ディーヴォ、NHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を英語で歌唱(ソニーミュージック)
    5. ^ 花は咲く〜羽生結弦Ver.〜 NHK仙台放送局、2016年3月20日閲覧。
    6. ^ Flowers will Bloom A Message of Hope from Yuzuru Hanyu
    7. ^ 羽生結弦 世界へ届ける「花は咲く」
    8. ^ 石橋英昭 (2015年5月3日). “NHK「花は咲く」歌詞1か所変更 東北地方向け放送”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASH4T6GS1H4TUNHB00F.html 2015年5月10日閲覧。 
    9. ^ 今年心に響いた歌ランキング 1位「Let It Go 〜ありのままで〜」 2位「花は咲く」 3位「麦の唄」”. 大和ネクスト銀行. 2014年12月9日閲覧。
    10. ^ 臼澤さん、2月に新CD 「花は咲く〜盛岡2016〜」”. 岩手日報 (2016年1月16日). 2016年2月20日閲覧。
    11. ^ a b NHK、「花は咲く」のアニメスター・バージョンを制作”. サンケイスポーツ (2016年3月4日). 2016年3月4日閲覧。
    12. ^ アニメ歴代ヒーロー、ヒロインが、震災復興に願いを込めて集結!『花は咲く〜アニメスター・バージョン〜』 (PDF)”. 日本放送協会. 2016年3月12日閲覧。
    13. ^ 山寺宏一と水樹奈々のコラボソング「花は咲く~アニメスター・バージョン」がCD化,音楽ナタリー,2016年8月9日
    14. ^ 山寺宏一&水樹奈々「花は咲く」初CD化,ORICON STYLE,2016年8月9日
    15. ^ NHK出版 番組楽曲情報
    16. ^ BSプレミアム 4月からの夕方アニメ!!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2016年1月20日). 2016年4月25日閲覧。
    17. ^ NHK明日へ | 花は咲く~リオデジャネイロ メダリストバージョン~
    18. ^ 100年の音楽【花は咲く】”. テレビ東京 (2015年3月6日). 2015年3月12日閲覧。→アーカイブ
    19. ^ 「100年の音楽」で紹介されたすべての情報(41/41ページ)”. テレビ紹介情報. 価格.com (2015年3月6日). 2015年3月12日閲覧。→アーカイブ
    20. ^ 100年の音楽【花は咲く】”. BSジャパン (2015年3月12日). 2015年3月12日閲覧。→アーカイブ
    21. ^ BS日テレ (2015年10月12日). “BS日本・こころの歌”. Yahoo!テレビ. Yahoo! JAPAN. 2015年10月13日閲覧。 ※現在はウェブアーカイブサイトarchive.is」内に残存
    22. ^ 【DVD】FORESTA 日本の歌名曲選 第七章〜BS日本・こころの歌より〜 (DVD). BS日本NEXTEP.. (2015年3月25日). オリジナルの2015-03-15時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150315024304/https://ssl.bs4.jp/shopping/products/detail.php?product_id=86 2015年10月13日閲覧. "DVD 2枚組。「花は咲く」は”disc 2”に収録" 
    23. ^ "ヴァイオリンの小径《花は咲く》". 春風亭小朝大谷康子. おんがく交差点. TXN. BSジャパン. 2017年3月1日放送. 2017年3月5日閲覧。→アーカイブ
    24. ^ センバツ行進曲は復興支援ソングに決定 日刊スポーツ・2013年1月16日付け掲載記事《2013年1月16日閲覧:→アーカイブ
    25. ^ 水樹奈々 20周年ツアー完走「77歳まで歌う!」山寺宏一も登場,スポーツニッポン,2017年3月13日