花山院兼定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
花山院兼定
時代 南北朝時代
生誕 延元3年/建武5年1月2日1338年1月23日
死没 天授4年/永和4年11月30日1378年12月20日
官位 正二位左大将権大納言
主君 光明天皇崇光天皇後光厳天皇後円融天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院長定、母:不詳
兄弟 兼定、定尊
九条光経の娘
基定、通定、定助、行伊、永伊、行雅、尊雅
テンプレートを表示

花山院 兼定(かざんいん かねさだ)は、南北朝時代公卿内大臣花山院長定の子。官位正二位権大納言左近衛大将花山院家11代当主。

若くして花山院家を継ぐ[編集]

父・長定が若くして出家したため[1]、兼定は若年ながら急速な昇進を遂げて23歳で権大納言となる。33歳で右近衛大将を兼ね、長くその地位にあったが左大将に転任後、大臣に昇進することなく薨去してしまう。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

系譜[編集]

  • 父:花山院長定
  • 母:不詳
  • 妻:九条光経(権大納言・民部卿)娘
  • 生母不明の子女
    • 男子:花山院基定
    • 男子:定助
    • 男子:行伊
    • 男子:永伊
    • 男子:行雅
    • 男子:尊雅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 観応2年/正平6年(1351年)9月19日。
  2. ^ 陽禄門院当年御給。
  3. ^ 秩満による。

参考文献[編集]