花山院定好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
花山院定好
時代 江戸時代前期
生誕 慶長4年10月11日1599年11月28日
死没 延宝元年7月4日1673年8月15日
別名 号:淳貞院
官位 従一位左大臣
主君 後水尾天皇明正天皇後光明天皇後西天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院定煕、母:朝倉義景の娘
兄弟 徳大寺実久忠長、松木宗保、定好
養兄弟:野宮定逸
正室:鷹司信尚の娘
忠広定教定誠、万子
テンプレートを表示

花山院 定好(かざんいん さだよし)は、江戸時代前期の公卿左大臣花山院定煕の子。官位従一位左大臣花山院家21代当主。

経歴[編集]

慶長16年(1611年)に元服侍従に叙爵。以降累進し、寛永8年(1631年権大納言に任じられ、寛永20年(1643年)まで務めた。慶安2年(1649年)には内大臣となったがすぐに辞職。承応2年(1653年)から翌年にかけて右大臣万治3年(1660年)に従一位に上り、寛文元年(1661年)から寛文3年(1663年)にわたって左大臣を務めた。また、寛文年間に十輪寺を再建している。

延宝元年(1673年)に薨去。享年73。

系譜[編集]