花山院定教 (左近衛中将)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
花山院定教
時代 江戸時代前期
生誕 寛永6年10月1日1629年11月15日
死没 承応2年12月12日1654年1月30日
官位 従三位左近衛中将
主君 明正天皇後光明天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院定好、母:鷹司信尚
兄弟 忠広、定教定誠、万子
テンプレートを表示

花山院 定教(かざんいん さだのり)は、江戸時代前期の公卿左大臣花山院定好の次男。官位従三位左近衛中将花山院家23代当主。

経歴[編集]

寛永16年(1638年)に叙爵。寛永20年(1642年)に元服し、左近衛中将に任命される。正保3年(1646年)に従三位となり、慶安2年(1649年)には踏歌節会外弁を務めたが、承応2年12月12日(1654年1月30日)、薨去。享年25。