花山院家厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
花山院家厚
時代 江戸時代後期
生誕 寛政元年3月28日1789年4月23日
死没 慶応2年8月20日1866年9月28日
別名 号:寛恭院
官位 従一位右大臣
主君 光格天皇仁孝天皇孝明天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院愛徳
母:蜂須賀静子(蜂須賀重隆の娘)
兄弟 家厚、今城定章
家威、家正、家理、梅など
テンプレートを表示

花山院 家厚(かざんいん いえあつ)は、江戸時代後期の公卿右大臣花山院愛徳の子。官位従一位・右大臣。花山院家30代当主。

経歴[編集]

寛政4年(1792年)に叙爵。以降、侍従・右近衛権少将を経て、寛政10年(1798年)に従三位右近衛権中将となり、公卿に列する。その後も踏歌節会外弁や権中納言を経て、文化6年(1809年)恵仁親王(のちの仁孝天皇)の立太子に伴い、その春宮権大夫となる。文化11年(1814年権大納言に任じられる。文化14年(1817年)、皇太子恵仁親王の即位に伴い、春宮権大夫を辞職の上、譲位して院政を開始した光格上皇の院執権に転じた。

天保5年(1834年)右近衛大将・右馬寮御監に任じられる。弘化4年(1847年)には内大臣に任じられる。しかし同年任職を辞した。嘉永元年(1848年)には従一位を授与され、安政6年(1859年)には右大臣に任じられ、同年踏歌節会内弁を務めた。文久2年(1862年)に右大臣を辞した。

絵画にも造詣が深く、狩野派の絵画をよく描いたという。

系譜[編集]