花山院忠経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
花山院忠経
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 承安3年(1173年1月
死没 寛喜元年8月5日1229年8月25日
別名 花山院右大臣
官位 正二位右近衛大将右大臣
主君 後白河上皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇
氏族 花山院家
父母 父:藤原兼雅、母:平清盛の次女
兄弟 九条良通室、忠経五辻家経、兼信、兼成、円雅
一条保子(一条能保の娘)、葉室宗行の娘
忠頼、忠輔、定雅経雅師継、経子
養子:宣経
テンプレートを表示

花山院 忠経(かざんいん ただつね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿花山院家5代当主。

左大臣藤原兼雅の長男。官位正二位右大臣右近衛大将花山院右大臣と号する。

経歴[編集]

※ 以下、『公卿補任』、『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これは少将13人を超えての補任であった。
  2. ^ この転任は父兼雅右大将に任ぜられたためという。
  3. ^ この叙位は先任の中将7人を越えての叙位という。
  4. ^ この補任は内大臣兼右大将であった源通親が急逝したあとを受けての補任である。

参考文献[編集]

先代:
藤原兼雅
花山院家
5代
次代:
花山院定雅