花山院長熙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
花山院長熙
時代 江戸時代中期
生誕 享保21年1月21日1736年3月3日
死没 明和6年8月14日1769年9月13日
改名 兼済(初名)→長熙
官位 正二位右近衛大将権大納言
主君 桜町天皇桃園天皇後桜町天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院常雅、母:鷹司輔信の娘
兄弟 長熙、東園基辰室、野宮定業室、橋本実誠正室、敬姫ら
養子:愛徳
テンプレートを表示

花山院 長熙(かざんいん ながひろ)は、江戸時代中期の公卿右大臣花山院常雅の子。官位正二位権大納言右近衛大将花山院家28代当主。

経歴[編集]

初名は兼済。元文5年(1740年)叙爵。以降、侍従左近衛権少将を経て、寛延2年(1749年従三位となり、公卿に列する。

その後、左近衛中将・権中納言踏歌節会外弁・右兵衛督・左兵衛督を経て、宝暦3年(1753年)に権大納言となる。さらに宝暦10年(1760年)には正二位となり、明和5年(1768年)より右近衛大将・右馬寮御監に任じられたが、翌年に病となり、朝廷への出仕をやめた。同年のうちに薨去。享年34。

系譜[編集]