花沢城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
花沢城
静岡県
花沢城(写真中央手前の山)
花沢城(写真中央手前の山)
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 今川氏または関口氏
築城年 1537年天文6年)
主な改修者 不明
主な城主 関口氏録、大原資良
廃城年 不明
遺構 竪堀曲輪
指定文化財 未指定
登録文化財 未登録
再建造物 石碑、解説板あり
位置
地図
花沢城の位置(静岡県内)
花沢城
花沢城

花沢城(はなざわじょう)は、静岡県焼津市高崎にある日本の城跡。駿河守護今川氏の西の守りとして造られた城である。

概要[編集]

築城は、1861年文久元年)に新宮高平が著した地誌『駿河志料』では明応文亀年間(1492年1503年)としているが根拠はなく、花倉の乱終結直後の1537年天文6年)頃ではないかと考えられている[1]今川氏家臣・関口氏録が初代城主とされる。

城跡[編集]

城跡は、焼津市北部の高草山から南東に派生した標高150メートルの丘陵に位置する。山頂部に幅29メートル×長さ65メートルの本曲輪と、幅28メートル×長さ66メートルの二ノ曲輪を置き、周囲の稜線にも腰曲輪や堀切を複数設けて南北450メートル規模の城塞を構築している[2][3]

2018年(平成30年)9月~10月には、焼津市教育委員会により初の発掘調査が実施され、本曲輪・二ノ曲輪間の大堀切が調査された[4]

花沢城の戦い[編集]

1568年永禄11年)より駿河侵攻を開始した武田信玄は、1570年(永禄13年)正月、城主大原資良以下今川家臣の立て籠もる花沢城に攻め入った。信玄は高草山中腹に布陣し、武田勝頼武田信廉長坂長閑らが攻撃を行った。城兵は14日間に渡り奮戦したが、同月27日に降参し開城、大原資良は遠江に退去したと伝わる[5]

脚注[編集]

  1. ^ 平井ほか 1979 pp.127
  2. ^ 静岡県教育委員会 1981 pp.253
  3. ^ 水野 2012 pp.186
  4. ^ 「花沢城跡発掘調査について」焼津市公式HP
  5. ^ 水野 2012 pp.186

参考文献[編集]

  • 平井聖ほか編修 1979 「花沢城」『日本城郭大系第9巻 静岡・愛知・岐阜』新人物往来社 pp.127
  • 静岡県教育委員会文化課編 1981 「花沢城」『静岡県の中世城館跡(静岡県文化財調査報告書 第23集)』 pp.253
  • 水野茂 2012 「花沢城」『静岡県の城跡-中世城郭縄張図集成-』『静岡県の城跡』編纂委員会 pp.186-187

関連項目[編集]