花沢徳衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はなさわ とくえ
花沢 徳衛
生年月日 (1911-10-18) 1911年10月18日
没年月日 (2001-03-07) 2001年3月7日(89歳没)
出生地 東京府東京市神田区福田町
死没地 東京都渋谷区千駄ヶ谷
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1936年 - 2001年
配偶者 あり
著名な家族 三児あり
主な作品
テレビドラマ
おはなはん
パパと呼ばないで
ひらり
映画
警視庁物語シリーズ
ファンキーハットの快男児シリーズ
にっぽん泥棒物語
八つ墓村

花沢 徳衛(はなさわ とくえ、1911年10月18日 - 2001年3月7日)は、日本俳優。別表記;花澤 徳衛東京市神田区福田町(現在の東京都千代田区)生まれ。

来歴・人物[編集]

渋谷大向尋常小学校を5年で中退し、指物師として修行を開始(1932年には花沢美術家具研究所を設立)。1933年に洋画家を目指して大阪へ行き、斎藤与里に師事、家具職人をしながら洋画を勉強する。が、絵だけでは生計を立てることが出来ず、俳優を目指して1936年に京都のJ.Oスタジオ(後の東宝)の俳優養成所に入所。

1937年に『権三と助十』で映画デビュー。戦後は東宝争議に参加し、表門の防衛隊長を務めた。争議の終結後、フリーとなり、1950年の東京映画俳優協会の結成に尽力[1]

独立プロ作品に多く出演し、その後は『警視庁物語』シリーズで刑事役を演じた。

テレビドラマでは『おはなはん』の祖父役で全国的な人気を得る。

絵の腕前はプロ級で、美術展にも入選しており、自らの個展も開いていた。

2001年前立腺癌のため代々木病院で死去。89歳没。死に際し、山田洋次からは「自分の考えや感性を貫いており、いい意味の頑固な役がよく似合った、貴重な俳優だった」とコメントされるほど、頑固な中高年の役を得意としていた。

日本共産党の党員でもあり、党歴は50年を越えた(各種選挙で候補者の推薦人になったり、しんぶん赤旗紙上にたびたびコメントを載せたりもしていた)。

出演[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

  • 権三と助十 (1937年、東宝
  • 伊太八縞 (1938年、東宝)
  • ハワイ・マレー沖海戦 (1942年、東宝) - 森岡二整曹
  • 三十三間堂通し矢物語(1945年、東宝) - 浪人
  • 浦島太郎の後裔(1946年、東宝) - 放送員
  • 銀嶺の果て (1947年、東宝) - 泥酔した温泉客
  • 四つの恋の物語(1947年、東宝) - 伝田
  • 戦争と平和(1947年、東宝)
  • 女優(1947年、東宝)
  • 第二の人生(1948年、東宝) - 機関士西村
  • 女の一生(1949年、東宝)
  • 青い山脈(1949年、東宝) - 百姓
  • 殺人者の顔(1950年、東宝) - ハゲの男
  • 暴力の街(1950年) - 床屋
  • 日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声 (1950年、東横映画) - 鶴田上等兵
  • 軍艦すでに煙なし(1950年、新映画社) - チビ
  • どっこい生きてる(1951年、前進座) - トラックの男
  • 母なれば女なれば(1952年、キヌタ・プロ)
  • 箱根風雲録(1952年、新星映画)
  • 真空地帯 (1952年、北星)
  • 蟹工船(1953年、現代ぷろ) - 木下
  • 女ひとり大地を行く(1953年、日本炭鉱労働組合)
  • 思春の泉 (1953年、新東宝
  • 赤い自転車(1953年、第一映画) - 源田
  • 太陽のない街(1954年、新星映画) - 組の男
  • 勲章(1954年、俳優座)
  • ともしび(1954年、キヌタ・プロ) - 村長
  • どぶ(1954年、近代映画協会) - 几
  • (1955年、近代映画協会)
  • 浮草日記(1955年、山本プロ) - 市川弥太
  • 警視庁物語シリーズ東映
    • 警視庁物語 逃亡五分前(1956年) - 吉岡刑事
    • 警視庁物語 魔の最終列車(1956年) - 吉岡刑事
    • 警視庁物語 追跡七十三時間(1956年) - びっこのもぐり医者
    • 警視庁物語 上野発五時三十五分(1957年) - 林刑事
    • 警視庁物語 夜の野獣(1957年) - 林刑事
    • 警視庁物語 七人の追跡者(1958年) - 林刑事
    • 警視庁物語 魔の伝言板(1958年) - 林刑事
    • 警視庁物語 顔のない女(1959年) - 林刑事
    • 警視庁物語 一〇八号車(1959年) - 林刑事
    • 警視庁物語 遺留品(1959年) - 林刑事
    • 警視庁物語 深夜便一三〇列車(1960年) - 林刑事
    • 警視庁物語 血液型の秘密(1960年) - 林刑事
    • 警視庁物語 聞き込み(1960年) - 林刑事
    • 警視庁物語 不在証明(1961年) - 林刑事
    • 警視庁物語 十五才の女(1961年) - 林刑事
    • 警視庁物語 十二人の刑事(1961年) - 林刑事
    • 警視庁物語 謎の赤電話(1962年) - 林刑事
    • 警視庁物語 十九号埋立地(1962年) - 林刑事
    • 警視庁物語 ウラ付け捜査(1963年) - 林刑事
    • 警視庁物語 全国縦断捜査(1963年) - 林刑事
    • 警視庁物語 十代の足どり(1963年) - 林刑事
    • 警視庁物語 自供(1964年) - 林刑事
    • 警視庁物語 行方不明(1964年) - 林刑事
  • 若さま侍捕物帳 魔の死美人屋敷(1956年、東映) - とん平
  • あなた買います(1956年、松竹) - 栗田米次
  • どたんば(1957年、東映) - 伴野多吉
  • 点と線 (1958年、東映) - 果物屋の親爺
  • 裸の太陽(1958年、東映) - ちょびひげの男
  • 赤い陣羽織(1958年、松竹) - 勘六
  • 七つの弾丸(1959年、東映) - 江東タクシー配車係
  • 多羅尾伴内 七つの顔の男だぜ (1960年、東映) - 宋老人
  • 白い崖(1960年、東映) - 宮原
  • 大いなる旅路(1960年、東映) - 雪の駅の駅長
  • ファンキーハットの快男児シリーズ(1961年) - 天下清助
  • 宮本武蔵シリーズ(東映) - 青木丹左衛門
  • あれが港の灯だ(1961年、東映)
  • 俺が地獄の手品師だ(1961年、東映) - 竹森老管理人
  • 悪魔の手毬唄 (1961年、東映) - 放庵
  • 無宿者シリーズ(ニュー東映)
    • アマゾン無宿 世紀の大魔王(1961年) - 精神病院の患者
    • ヒマラヤ無宿 心臓破りの野郎ども(1961年) - 社会部長
  • 水戸黄門 助さん格さん大暴れ(1961年、東映) - 喜十郎
  • 天草四郎時貞(1962年、東映) - 与三右衛門
  • 丹下左膳 乾雲坤竜の巻(1962年、東映) - 中村大膳
  • 柔道一代 (1963年、東映) - 朝舜和尚
  • 死闘の伝説(1963年、松竹) - 市ノ助
  • 悪名シリーズ(大映
    • 悪名市場 (1963年) - 菱屋
    • 悪名無敵 (1965年) - 元締
  • 馬鹿まるだし(1964年、松竹) - 浄閑和尚
  • 馬鹿が戦車でやって来る (1964年、松竹) - 仁右衛門
  • 拝啓総理大臣様(1964年、松竹) - 浴場主任松本
  • 怪談(1965年、東宝) - 松造
  • 一発かましたれ (1965年、東映)
  • 冷飯とおさんとちゃん(1965年、東映) - 中井岡三郎
  • にっぽん泥棒物語(1965年、東映) - 菊池浩一
  • 泣かせるぜ (1965年、日活
  • 昭和残侠伝 唐獅子牡丹 (1966年、東映)
  • 湖の琴(1966年、東映) - 源八
  • 運が良けりゃ(1966年、松竹) - 差配の源兵衛
  • 続 浪曲子守唄(1967年、東映) - 山崎
  • 喜劇 大風呂敷 (1967年、日活)
  • ドレイ工場 (1968年、「ドレイ工場」製作上映委員会) - 宇野組長
  • 日本の青春(1968年、東宝) - 遠山正介
  • 赤毛 (1969年、三船プロ / 東宝)
  • 喜劇 女は度胸 (1969年、松竹)
  • 家族(1970年、松竹) - 高利貸チンケ
  • 男はつらいよ フーテンの寅 (1970年、松竹) - 父清太郎
  • 新座頭市・破れ!唐人剣 (1971年、大映)
  • 無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた (1971年、東宝)
  • 喜劇 女は男のふるさとヨ (1971年、松竹) - 徳田刑事
  • 喜劇 女売出します (1972年、松竹)
  • どぶ川学級 (1972年、「どぶ川学級」製作上映委員会)
  • 華麗なる一族 (1974年、東宝) - 中川留市
  • 必殺仕掛人 春雪仕掛針 (1974年、松竹) - 瀬音の小兵衛
  • 砂の器 (1974年、松竹) - 三木の同僚安本
  • 潮騒 (1975年、東宝)
  • 脱走遊戯 (1976年、東映) - 奥垣松夫
  • 愉快な極道 (1976年、東映)
  • 天保水滸伝 大原幽学(1976年、富士映画) - 長兵衛
  • 八甲田山 (1977年、東宝) - 滝口伝蔵
  • 八つ墓村 (1977年、松竹) - 磯川警部
  • 東京大空襲 ガラスのうさぎ (1979年、共同映画) - 役場の吏員
  • 衝動殺人 息子よ (1979年、松竹) - 益田常吉
  • 刑事物語 (1982年、東宝)
  • 陽暉楼 (1983年、東映) - 勘兵ヱ
  • ふるさと(1983年、こぶしプロ) - 雑貨屋
  • 薄化粧 (1985年、松竹)
  • 塀の中の懲りない面々 (1987年、松竹)
  • ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲(1987年、東映) - 待合室のおじさん
  • 釣りバカ日誌3 (1990年、松竹) - 松造
  • 豪姫 (1992年、松竹) - 老僕
  • さくら (1994年、ヘラルド・エース
  • 東京夜曲 (1997年、松竹富士) - 朝倉の父

テレビドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

バラエティ[編集]

著書[編集]

  • 『花沢徳衛の恥は書き捨て』(1986年、新日本出版社)ISBN 978-4406013765
  • 『幼き日の街角』(1987年、新日本出版社)ISBN 978-4406015097
  • 『芝居は無学の早学問』(1994年、近代文芸社)ISBN 978-4773326185
  • 『脇役誕生』(1995年、岩波書店)ISBN 978-4000026277

出典[編集]

  1. ^ 日刊スポーツ・訃報・花沢徳衛さん[リンク切れ]
  2. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  3. ^ わんわん忠臣蔵”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。

関連項目[編集]