花田吉隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

花田 吉隆(はなだ よしたか)は、日本外交官2011年平成23年)から東ティモール駐箚特命全権大使

経歴・人物[編集]

1977年(昭和52年)東京大学法学部を卒業し、外務省に入省する。

国際連合局、経済協力局外務大臣官房領事移住部旅券課長、内閣官房内閣審議官を経て、2002年から在南アフリカ日本国大使館公使。

在スイス日本国大使館公使、フランクフルト総領事などを経て、2009年(平成20年)世界平和研究所主任研究員。

2011年10月より駐東ティモール大使[1]。2015年4月1日防衛大学校防衛学教育学群国防論教育室教授(防衛学専門書購読II、地域研究)兼防衛大学校総合情報図書館グローバルセキュリティセンター企画発信部門員 [2]

同期[編集]

著書[編集]

  • 『ポストアパルトヘイトの政治経済』第三書館 2006


脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 花田吉隆”. フォーサイト (雑誌). 2012年9月14日閲覧。
  2. ^ 平成27年4月1日~平成28年3月31日内閣官房
  • (日本語)着任のご挨拶(在東ティモール日本国大使館ホームページ内)