花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
花田少年史
幽霊と秘密のトンネル
監督 水田伸生
脚本 大森寿美男
原作 一色まこと花田少年史
製作 高田真治
平井文宏
西垣慎一郎
中村仁
松本輝起
出演者 須賀健太
篠原涼子
西村雅彦
音楽 岩代太郎
主題歌 サンボマスター
愛しさと心の壁
撮影 藤石修
編集 田中慎二
制作会社 光和インターナショナル
製作会社 「花田少年史」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗2006年8月19日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億3980万円[1]
テンプレートを表示

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』(はなだしょうねんし ゆうれいとひみつのとんねる)は、2006年日本映画。漫画『花田少年史』を映画化したものである。

2006年8月19日全国松竹系にて公開された。広島県竹原市忠海でロケが行われた。

概要[編集]

ストーリー[編集]

小さな港町で評判のわんぱく少年・花田一路は、ある日、トラックと衝突する大事故に遭ってしまう。九死に一生を得た一路には、幽霊が見える不思議な能力が身についていた。その日から彼の周囲には、様々な幽霊が出現して願い事や相談を持ちかける。それだけでもパニックなのに、なんと、自分が本当の父親だと名乗る見知らぬ男の幽霊まで現れた!元気でにぎやかな花田家に、誰にも言えない秘密が隠されているのか?幽霊たちの力を借りて真実を探るうち、一路はこれまで意識しなかった家族の絆、そして「愛する者が幸せであってほしい」という幽霊たち、そして生きている人間たちの優しい思いに気づいていく……。

配役[編集]

スタッフ[編集]

映画「花田少年史」製作委員会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2006年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2007年平成19年)2月下旬号、キネマ旬報社2007年、 184頁。