花田真人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
花田 真人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市東区
生年月日 (1977-10-25) 1977年10月25日(40歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト5位
初出場 2000年5月27日
最終出場 2009年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

花田 真人(はなだ まさと、1977年10月25日 - )は、福岡県福岡市東区出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

1995年第77回全国高等学校野球選手権大会大会で、柳川高等学校のエースとして活躍。1回戦2回戦共に自責点0で完投している。3回戦で敦賀気比高相手に延長15回途中まで投げて、自責点1で敗北を喫した。大会後、高校野球日本代表に選出された。

その後、中央大学法学部に進み1999年春季リーグで活躍し、バッテリーを組んだ阿部慎之助とともに中央大学11年ぶりの東都1部入りとなる原動力となった。リーグ2部通算16勝5敗、1部通算1勝7敗。同年のドラフト5位でヤクルトスワローズに入団した。

プロ入り後[編集]

2002年、中継ぎ投手ながら自らが三塁打を打つ活躍を見せ、プロ初勝利を挙げる。2003年には故障などで不安定な投球の続く先発投手陣が多い中、中継ぎで活躍を見せたため先発に昇格。6度の先発で5-6回を無難にまとめていたが、自らも腰痛でリタイアとなった。以後2004年まで目立った活躍は無かった。

2005年に一軍に定着し、40試合に登板した。続く2006年には投球術に格段の進歩を見せ、落ち着いたマウンドさばきでセットアッパーとして勝ち試合の投手リレーを支えた。自己最多の51試合に登板して4勝2敗・防御率3.33の好投を見せている。

2007年シーズン序盤は不振にあえぎ5月半ばに登録抹消。二軍でも不調だったが、一軍の投手陣も火の車で7月28日に再登録。8月8日の対横浜ベイスターズ戦では9回表2死から4番手で登板し、木村昇吾を空振り三振に抑えてプロ初セーブを記録した。3日後の8月11日には早くも2セーブ目を挙げると、8月14日には6回裏1死満塁の場面で登板すると併殺打で抑えシーズン初勝利を挙げている。

2009年10月26日、戦力外通告を受け引退を表明。最終戦となる10月12日の対巨人戦(明治神宮野球場)で城石憲之と共に引退セレモニーが催された。

2010年からはヤクルト本社で勤務している[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 ヤクルト 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 4.2 8 0 3 0 0 5 1 0 4 3 5.79 2.36
2001 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 22 5.1 4 0 1 0 1 2 1 0 2 1 1.69 0.94
2002 22 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 145 34.1 30 7 14 1 0 36 0 0 15 15 3.93 1.28
2003 21 6 0 0 0 3 1 0 -- .750 227 53.1 51 7 15 2 1 43 5 0 23 21 3.54 1.24
2004 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 40 7.2 15 4 2 0 2 5 1 0 11 11 12.91 2.22
2005 40 0 0 0 0 0 1 0 3 .000 197 49.2 45 7 9 0 2 30 0 0 21 21 3.81 1.09
2006 51 0 0 0 0 4 2 0 14 .667 232 54.0 65 9 6 1 0 43 3 0 29 20 3.33 1.31
2007 41 0 0 0 0 2 2 2 2 .500 217 50.2 49 6 17 3 0 43 1 0 29 27 4.80 1.30
2008 23 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 105 24.2 30 3 5 0 0 15 2 0 12 12 4.38 1.42
2009 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 2.1 3 1 0 0 0 3 0 0 2 2 7.71 1.29
通算:10年 215 7 0 0 0 10 7 2 21 .588 1219 286.2 300 44 72 7 6 225 14 0 148 133 4.18 1.30

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2002年8月10日、対横浜ベイスターズ18回戦(明治神宮野球場)、4回裏に杉本友から右翼へ2点適時三塁打

背番号[編集]

  • 24 (2000年 - 2009年)

脚注[編集]

関連項目[編集]