この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

芳本美代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

よしもと みよこ
芳本 美代子
生年月日 (1969-03-18) 1969年3月18日(49歳)
出生地 日本の旗 日本山口県小野田市[1]
身長 158cm
血液型 B型
ジャンル 女優アイドル歌謡曲
活動期間 1984年 -
配偶者 金山一彦(1996年 - 2013年)
事務所 ブリスクコーポレーション(マネ-ジメント業務)

芳本 美代子(よしもと みよこ、1969年3月18日 - ) は、山口県宇部市出身の女優歌手。80年代アイドル。

血液型はB型。身長158cm。所属事務所はブリスクコーポレーション(マネージメント業務)、歌手活動当時の所属レコード会社はテイチク明治大学付属中野高校定時制卒業。愛称みっちょん[1]

略歴

1969年3月18日、山口県小野田市(現・山陽小野田市)の病院で三姉妹の次女として誕生する。小学時は広島市己斐で育つ[2]。小学3年生の時、チェリッシュが司会の『全日本選抜ちびっこものまね歌合戦!』に出場し、広島地区で優勝して初めて東京に訪れた。それで子供ながらに地元で有名になり、これが「芸能界」を意識した切っ掛けであり、同時に本人はこの時を芸能界デビューと見做している[3]。『ちびっこものまね』に出場して以降、それまで男児のように育てられていた芳本は一変して、綺麗に着飾って広島市八丁堀の音楽学院に毎週連れて行かれるようになった。芳本は「ああ、こういう仕事をすると、良くしてもらえるんだ!」と喜んだ[3]。中学時代はバスケット部に所属。中学3年在学中の1983年KBC九州朝日放送主催のオーディション、第5回福岡音楽祭・新人登竜門ビッグコンテストに応募、本選に進むも無冠に終わる。しかし、テレビ放送を見たテイチクレコードのスタッフからスカウトされ、山口から福岡に通う形で歌のレッスンを始める[3]

1984年3月に芸映プロがマネジメントを引き受け、同年8月に上京、翌1985年3月21日に「白いバスケット・シューズ」でアイドル歌手デビューを果たす[1]。上京当初の3ヶ月は寮にいたが、その後信濃町のソニー・ミュージックスタジオの裏で一人暮らししていた[3]。その年の各音楽祭で新人賞を獲得する。 なお、デビュー前にニッポン放送ラジオ「前略一世風靡セピア」の中で「美代子のハーピット占い」という機械を使ってリスナーの相性占いをするというコーナーを担当していた。

デビュー当時、レコード売上的にはやや苦戦を強いられた。同期デビューに、本田美奈子森川美穂中山美穂南野陽子浅香唯斉藤由貴大西結花など、のちにトップアイドルになる華々しい顔ぶれと並んでのデビューだった[1]。さらに所属事務所からも志村香がほぼ同時にデビューした上に、おニャン子クラブの台頭で求められるアイドル像が変質していった時期と重なり、彼女が置かれた環境は良好なものとは言えなかった。

アイドル時代は自らを「体育会系」と称していた(デビュー当初から好きな食べ物に焼肉を挙げ、華奢な体格に反して大食で、成人後は更に酒豪が加わった)。歌手活動末期には、CHAGE and ASKAに依頼した2枚のシングルやサザンオールスターズのカバーなどの作品も発売している。

1990年、第28回ゴールデン・アロー賞・演劇新人賞を受賞する。これを契機に芸能活動の主体を歌からテレビドラマや舞台に切り替え、数多くの作品に出演する。以来中堅女優としてテレビドラマや舞台等で活躍している。

私生活では1996年、俳優の金山一彦と結婚。その後金山の女性問題(河合美智子との不倫)が元で一時別居状態になるも復縁し、2001年3月19日、第一子となる女児を出産した。2013年7月に離婚を発表。2016年7月、一般男性と再婚した[4]

2017年1月末日で、デビュー以来30年以上所属した芸映を退社して独立する[5]

2009年、劇団アクターズ・マップの旗揚げ舞台公演「宇宙旅館」にて初演出も手がける。

2018年7月26日テレビ朝日スマートフォンデュ』にて約28年ぶりに歌番組出演。

エピソード

  • 風見しんごは小学校の先輩。
  • デビュー当初憧れていた芸能人は石野真子、松田聖子、真田広之。
  • 若手時代にレコード会社対抗の運動会に出場したが、運動音痴であったため1回出場して以来期待されなくなった[3]
  • 芸能界で一番嬉しかったことは仕事で何度も海外に連れて行ってもらったこと[3]
  • 1980年代、当時は新曲をリリースするサイクルが早かったため歌詞と降り付けを覚えるのに苦労したといい、先行予約を兼ねて販促イベントで日曜日にデパートの屋上でフルコーラス歌うのもプレッシャーとの戦いであった[3]。覚える暇がなかったため会場に来たファンの口元を見て後追いで歌うようなこともあった[3]
  • 1980年代はジャニーズ系のアイドルと共演しただけで女性アイドルは異性のファンから嫉妬されてバッシングを受けることがあったが、芳本は同性のファンばかりだったのでそうした経験はなかった。恋愛を疑われることとも芳本は無縁であった[3]

音楽

  • シングルは1985年から1990年迄の間に19タイトルが発売され、オリコンチャートでは内5枚がベスト10入りした。最高位は「ヴァニティ・ナイト」の週間売り上げ5位。
  • アルバムは1985年から1989年迄の間にオリジナル盤が10枚、ライブ盤が1枚、ベスト盤は1986年-1989年に3枚と2003年に1枚がそれぞれ発売されている。オリコンチャートでは内1枚がベスト10入りした。最高位は「WING」の週間売り上げ10位。
    • テイチク所属の女性アイドルで1970年 - 1980年代にオリコンチャートでシングルベスト10に到達したのは高田みづえと芳本美代子の二人だけ。アルバムチャートでベスト10に到達したのは芳本美代子が唯一である[1]
  • TBSザ・ベストテンには1986年に2曲計2週チャートインした。最高位は「Auroraの少女」の8位。もう1曲チャートインしたのは「青い靴」の10位。紅白歌合戦の出場実績はない。
  • 当時、同じ事務所の石川秀美の妹分としてデビューした。
  • 以前チャームポイントの八重歯を抜いて差し歯にした。

シングル

# 発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲
1980年代
1 1985年
3月21日
A
白いバスケット・シューズ 松本隆 井上大輔 井上大輔
深町純
B
海辺のテレフォン・ボックス
2 1985年
6月26日
A
プライベート・レッスン 松本隆 井上大輔 中村哲
B
Endless Love Song 宮城伸一郎
3 1985年
9月11日
A
雨のハイスクール 松本隆 財津和夫 大村雅朗
B
ワンサイデッド・ラヴ 宮城伸一郎 佐藤準
4 1985年
12月4日
A
アプリコット・キッス 松本隆 宮城伸一郎 佐藤準
B
16才の場面 竜真知子 井上大輔 萩田光雄
5 1986年
3月5日
A
心の扉 松本隆 財津和夫 萩田光雄
B
哀しみのレイン 竜真知子 井上大輔
6 1986年
6月4日
A
青い靴 松本隆 筒美京平 船山基紀
B
天然色の夏
7 1986年
9月10日
A
Auroraの少女 松本隆 筒美京平 船山基紀
B
Feel So Fine
8 1986年
12月24日
A
横顔のフィナーレ 松本一起 難波弘之 大村雅朗
B
悲しきチャーリー 森雪之丞 八島順一
9 1987年
3月25日
A
ヴァニティ・ナイト 戸沢暢美 久保田利伸 大村雅朗
B
シャ・ラ・ラ 山川恵津子
10 1987年
6月24日
A
東京Sickness 戸沢暢美 佐藤健 山川恵津子
B
It's a Wave
11 1987年
9月16日
A
Heroes 戸沢暢美 佐藤健 大村雅朗
B
綺麗なブロークン・ハート 大村雅朗
12 1987年
12月2日
A
涙のイヤリング 小林和子 和泉常寛 山川恵津子
B
複雑なセレナーデ 森雪之丞 井上ヨシマサ 矢島賢
13 1988年
3月9日
A
恋するブランニュー・デー 森雪之丞 和泉常寛 小林信吾
B
ハートのPuzzle TRAP
14 1988年
6月15日
A
センチメンタル・カーニバル[6] 阿部敏郎 鷺巣詩郎
B
太陽の密会 売野雅勇 Frankie T.
15 1988年
9月21日
A
サカナ跳ねた 飛鳥涼 矢賀部竜成
B
隠したJe taime 澤地隆 CHAGE
16 1989年
1月21日
A
真冬のウサギ 澤地隆 CHAGE 矢賀部竜成
B
You… 飛鳥涼
17 1989年
7月21日
A
BAD BOY… 田口俊 A.Goldmark
S.Kipner 
S.Kipner
S.Lindsey
B
Two To The
Power of Love
P.Beckett
S.Kipner
1990年代
18 1990年
5月1日
A
[7] 桑田佳祐 小林信吾
B
The Last Shadow Dance 田口俊 亀田誠治
19 1990年
9月21日
A
愛しのバカヤロー 田口俊 小林信吾
B
My
(all in all)
MIYOKO 柿原朱美 山川恵津子

アルバム

複数日付はアナログ媒体(LP・カセットテープ)/CDの各発売日。

  • SURF WIND(1985年7月5日/21日)
  • ミ・ヨ・コ Friendship Concert'85(1985年12月4日/16日) - ライブ
  • PARADISE PARK(1986年4月1日/21日)
  • MIYOKO WAVE(1986年7月21日) - 12インチ、ミニアルバム
  • WING(1986年10月1日)
  • Pisces(1986年12月16日) - ベスト
  • I'm the one(1987年7月21日)
  • YESTERDAY'S(1987年12月16日)
  • ベストコレクション(1988年3月21日) - ベスト
  • Miss Lonely Hearts(1988年10月21日)
  • Starry Night(1988年12月16日) - ピクチャーCD
  • ORIGINAL SUPER BEST(1989年3月21日) - 2枚組ベスト
  • Power Of Love(1989年8月1日)
  • MY(1990年10月21日)
  • コンプリート・80'Sシングルズ(2003年7月24日) - 2枚組ベスト

その他

映像作品

  • ミ・ヨ・コ Friendship Concert'85(1985年12月) - ライブ
  • EXPLOSION(1986年12月1日) - ライブ
  • アース・アーク・芸映フェスティバル 武道館が燃えた!(1987年1月25日) - 当時の芸映プロ所属タレント総出演のチャリティーイベントライブ
  • Landing Road(1987年)
  • 以下、イメージビデオ
    • ROMANCING(1988年3月25日) - 書籍扱い
    • White Whisper(1990年)
    • VIEW〜不思議ね〜(1992年3月23日)
    • アイドル黄金伝説 芳本美代子(2002年4月26日) - White WhisperのDVD化再発

出演

テレビドラマ(レギュラー出演)

テレビドラマ(ゲスト・単発出演)

映画

オリジナルビデオ

  • ヒロミくん!全国総番長への道(2011年4月15日、松竹)

舞台

  • 阿国(1990年初演) - 第28回ゴールデン・アロー賞・演劇新人賞受賞[1]
  • 夏の夜の夢(1991年)
  • スライス・オブ・サタデーナイト(1992年、アトリエダンカン)
  • D・Live Rock To The Future(1996年 - 1997年、劇団新感線)
  • 髑髏城の七人(1997年、劇団新感線)
  • こどもの一生(1998年、G2プロデュース)
  • 検察側の証人(1999年、自転車キンクリートSTORE)
  • マクベス(1999年、自転車キンクリートSTORE)
  • ピーターパン(2001年 - 2002年、ホリプロダクション)
  • ジンジャーブレッド・レディ(2002年 - 2003年、博品館劇場)
  • 妄想ラジオ ぴんた&ぽんた(2008年7月、劇団アクターズマップ)
  • どんまいマインド(2008年10月 - 11月)
  • 死神の精度(2009年11月)
  • 軋み(2011年1月)

バラエティ番組

生活情報番組

  • 芳本美代子のワン・ラブショッピング(2010年10月 - 、全国系列ローカル局、独立U局、BS、CS)

通販情報番組

  • 野々村真・芳本美代子のフィットライフショッピング(2013年、ローカル局

ラジオ番組

ゲーム

CM

書籍

写真集

  • 芳本美代子ファースト(1985年7月5日初版)
  • 美代子(1986年3月1日初版)
  • 頬杖ついて(1987年3月10日初版)
  • Be My Lady(1987年10月24日初版)
  • 芳本美代子写真集 It's a beautiful memory(1988年4月5日初版)
  • Risky(1989年3月30日初版)
  • ESPER(1990年5月3日初版)
  • Why not!(1991年5月10日初版)
  • 檸檬(1995年10月10日初版)

エッセイ他

  • ミッチョン元気印!(1986年7月5日初版)
  • BIGアイドルカセットおしゃべり文庫 芳本美代子(1988年8月8日発行) - 書籍扱い

脚注

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.97.
  2. ^ ふるさと通信 〜トップページ〜
  3. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.52-55.
  4. ^ 芳本美代子、一般男性と昨夏再婚していた「素の自分で向き合える」”. サンスポ (2017年1月3日). 2018年3月21日閲覧。
  5. ^ “芳本美代子 再婚していた 事務所からも1月いっぱいで独立へ”. デイリースポーツ. (2017年1月4日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/04/0009801109.shtml 2017年1月4日閲覧。 
  6. ^ あおい輝彦の同名曲のカバー。
  7. ^ サザンオールスターズの同名曲のカバー。
  8. ^ 「スーパーヒーロージェネレーション」,強敵が集結するEXステージの情報を公開。仮面ライダーバースやスサノオなどの参戦も判明”. 4Gamer.com (2014年8月22日). 2014年8月23日閲覧。