芳武茂介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

芳武 茂介(よしたけ もすけ、1909年明治42年)11月12日 - 1993年平成5年)8月3日)は、日本のクラフトデザイナー。現在の山形県南陽市出身。

経歴[編集]

1935年、東京美術学校(のちの東京芸術大学)を卒業後、商工省工芸指導所に勤務。1956年、ガラス工芸の佐藤潤四郎らと日本デザイナークラフトマン協会を設立した。1961年工業技術院産業工芸試験所意匠第二部長を退官、デザイン事務所東京クラフトを設立し、武蔵野美術大学教授に就任。1974年、国井喜太郎賞を受賞。1976年鋳鉄による皿、鍋で芸術選奨文部大臣賞を受賞、1980年勲四等旭日小綬章を受勲。1993年、叙・正五位

参考資料[編集]

外部リンク
著作
  • 「焼もの塗もの金もの 暮しのデザインを求めて」相模書房
  • 「北欧デザイン紀行」相模書房
  • 「用のかたち用の美 芳武茂介クラフトデザイン作品集」講談社