芳澤謙吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
芳澤 謙吉
Kenkichi Yoshizawa 1931.jpg
1931年
生年月日 (1874-01-24) 1874年1月24日
出生地 日本の旗 日本 新潟県中頸城郡高田
(現:上越市
没年月日 (1965-01-05) 1965年1月5日(90歳没)
死没地 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
称号 従二位勲一等旭日桐花大綬章
親族 犬養毅(岳父)
犬養健(義弟)

内閣 犬養内閣
在任期間 1932年1月14日 - 1932年5月26日
テンプレートを表示

芳澤 謙吉(よしざわ けんきち、1874年明治7年〉1月24日 - 1965年昭和40年〉1月5日)は、日本外交官政治家従二位勲一等旭日桐花大綬章新潟県中頸城郡高田(現・上越市)出身。

概説[編集]

大日本帝国きっての亜細亜通の外交官として知られ、日ソ基本条約締結による日ソ国交回復等に関わる。義父は犬養毅であり、犬養内閣においては外務大臣を務めた[1]第二次世界大戦終結後に公職追放を受けるが、解除後は1952年から3年間駐中華民国大使を務め、辞任後も自由アジア擁護連盟代表、自由アジア協会長として台湾擁護に奔走した[1]

略歴[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

家族・親族[編集]

父は諏訪村初代村長の芳澤襄良。妻の操は内閣総理大臣等を務めた犬養毅の長女であり、犬養内閣では外務大臣に起用された。外務事務次官や駐アメリカ合衆国特命全権大使を務めた井口貞夫は娘婿。孫に国際協力機構理事長国際連合難民高等弁務官事務所弁務官等を歴任した国際政治学者緒方貞子国際法学者で元ニュージーランド大使の井口武夫、元外務省事務次官侍従長を務めた川島裕慶応義塾大学教授で日本の女性国連職員の草分けである佐々波楊子(旧姓川島)、数学者芳沢光雄等がいる。

系譜[編集]

犬養毅━━━━操
       ┃
       ┣━━━恒子 
       ┃   ┃     
    芳澤謙吉   ┣━━━━貞子
           ┃    ┃
         中村豊一   ┃
                ┃
             緒方四十郎

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 生誕の地は、芳澤記念公園・記念館として整備されている[2]
  2. ^ その後久原が総裁に就任

出典[編集]

  1. ^ a b 芳沢 謙吉とは”. コトバンク. 2021年5月29日閲覧。
  2. ^ a b 芳澤記念公園、芳澤記念館”. www.city.joetsu.niigata.jp. 上越市. 2021年5月29日閲覧。
  3. ^ おわりに”. くびき野諏訪 諏訪の里づくり協議会 (2014年11月17日). 2021年5月29日閲覧。
  4. ^ 外交官としての生涯”. くびき野諏訪. 諏訪の里づくり協議会 (2014年11月12日). 2021年5月29日閲覧。
  5. ^ おわりに”. くびき野諏訪. 諏訪の里づくり協議会 (2014年11月17日). 2021年5月29日閲覧。
  6. ^ 芳沢‐カラハン会議とは”. コトバンク. 2021年5月29日閲覧。
  7. ^ 『官報』第1651号、昭和7年7月2日。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 芳澤謙吉」 アジア歴史資料センター Ref.A06051182700 
  9. ^ 『官報』第4045号「叙任及辞令」1926年2月20日。
  10. ^ 『官報』第1518号「叙任及辞令」1932年1月25日。
  11. ^ 『官報』第6265号「叙任及辞令」1904年5月21日。
  12. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  13. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  14. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  15. ^ 『官報』第1850号「叙任及辞令」1918年10月2日。
  16. ^ 『官報』第4038号「叙任及辞令」1926年2月12日。
  17. ^ 『官報』第7992号「叙任及辞令」1910年2月16日。

文献[編集]

  • 『芳沢謙吉自伝』 (中野敬止編、時事通信社 1964年)
  • 『外交六十年』 (中公文庫、1990年) ISBN 412201767X、なお初版は自由アジア社

関連項目[編集]

先代:
犬養毅
外務大臣
第46代:1932年
次代:
斎藤実
先代:
(総裁代行委員)
鳩山一郎
前田米蔵
島田俊雄
中島知久平
立憲政友会(正統派)
総裁代行委員
1939年
次代:
久原房之助(正統派総裁)