芳谷圭児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

芳谷 圭児(よしたに けいじ、1937年1月19日 - )は東京都板橋区出身の漫画家。父親は児童漫画家の芳谷まさる。

1954年貸本単行本『友情三つの星』でデビュー。以後、少年誌・少女誌・学年誌などで幅広く活躍。その一方でつのだじろうアシスタントを務めていたが、1969年赤塚不二夫フジオプロ劇画部設立に参画。「週刊少年サンデー」にて学生運動をテーマにした『高校さすらい派』を発表し、映画化され反響を呼ぶ。1974年には古谷三敏とともにファミリー企画を設立。1981年に独立する。

備考[編集]

  •  劇画『オリオン[1]の挿話で電車の中で痴漢が足を踏まれるシーンがあり、その原作があまりにも絵にしづらい内面性を描いた内容だったのでそのニュアンスが描けないと述べたところ原作者の荒木一郎が「ヘタクソ」と言ったので激怒し、芳谷の師匠である赤塚不二夫[2]梶原一騎を含めた漫画家協会全員に週刊誌がその件についてインタビューしてほとんどの人が「許せない!」とコメントして大きく発展し、[3]芳谷はその作品を三回で降板した。[4]

作品[編集]

  • 高校生無頼控(原作:小池一夫週刊漫画アクション(1971年7月22日号〈No.30〉~1973年6月7日号〈No.24〉)
  • ぶれいボーイ〈無礼男子〉(原作:小池一夫)週刊漫画アクション(1973年11月22日号〈No.53〉~1975年1月2日号〈No.1〉)
  • 男たちの神話(原作:滝沢解)週刊漫画アクション(1975年1月9・16日合併特別号〈No.3・4〉~1975年10月9日号〈No.50〉)
  • カニバケツ(原作:小池一夫)週刊漫画アクション
  • 学校の探偵(原作:小池一夫)週刊漫画アクション
  • 小池一夫のザ・シビゴルフ
  • 麻雀昭和怨歌(小島武夫原作)
  • 風のフィユ(やまさき十三原作)
  • 青春ING(同上。週刊少年チャンピオンに連載)
  • らいばる物語(GOLFコミックに連載)
  • むかい風(伊集院静原作)
  • またも屋大吉(牛次郎原作)
  • ハムレットシェークスピア原作。りぼん付録)
  • 聖ハレンチ女学院(赤塚不二夫、古谷三敏との合作。りぼん付録)
  • エンジン魂(週刊少年サンデー掲載)
  • ガッツ4(週刊少年ジャンプにて70年42号~70年46号で連載)
  • 劇画マルクス(72年 実業之日本社)
  • よいしょDEトリプル(小堀洋原作)

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原作:荒木一郎、劇画:芳谷圭児・佐多みさき週刊漫画TIMES』〈1973~1974連載〉
  2. ^ 後に赤塚不二夫は「荒木一郎くん」というシュールな漫画を発表している。
  3. ^ 赤塚不二夫や梶原一騎もそれほど悪く思っていなかった事を荒木一郎自身が後に語っている。
  4. ^ まわり舞台の上で荒木一郎』文遊社〈2016年刊〉497頁