芳賀義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

芳賀 義雄(はが よしお、1949年8月1日 - )は、日本実業家日本製紙グループ本社代表取締役社長、日本製紙代表取締役社長を経て、同社代表取締役会長。元日本製紙連合会会長。

人物・経歴[編集]

熊本県熊本市寺原(現中央区壺川)生まれ[1]。父はNTTの職員。1968年熊本県立熊本高等学校卒業[2][3]。1972年熊本大学工学部工業化学科卒業。1974年熊本大学大学院工学研究科修士課程修了、十條製紙(現日本製紙)入社、八代工場配属。研究技術部門を担当し、デュッセルドルフ駐在を経て[4]、1995年日本製紙石巻工場原質部長。1997年小松島工場工務部長。2000年勿来工場工務部長。2002年小松島工場長。2004年取締役企画本部長代理兼経営企画部長。2005年取締役企画本部長経営企画部長兼日本製紙グループ本社取締役IR担当。2006年日本製紙常務取締役企画本部長兼日本製紙グループ本社取締役広報・IR担当。2007年日本製紙グループ本社取締役企画本部長。2008年から日本製紙グループ本社代表取締役社長兼日本製紙代表取締役社長を務め[5]東日本大震災からの復興などにあたった[6]。2014年日本製紙代表取締役会長[7]

脚注[編集]

  1. ^ [1]熊本商工会議所
  2. ^ 「日本製紙会長・芳賀義雄さん 熊本」産経ニュース2014.10.25 07:02更新
  3. ^ 熊本県立熊本高校 二十期生文藝春秋同級生交歓
  4. ^ 第33回工学部プロジェクトX 講演会 熊本大学
  5. ^ 「各 位」日本製紙グループ本社
  6. ^ 「戦略経営の実践(経営者リレー講義)」立命館大学
  7. ^ 「日本製紙、馬城取締役が社長昇格 」日本経済新聞2014/4/24 14:06
先代:
中村雅知
日本製紙グループ本社社長
2008年 - 2013年
次代:
(日本製紙に吸収合併)
先代:
中村雅知
日本製紙社長
2008年 - 2014年
次代:
馬城文雄
先代:
鈴木正一郎
日本製紙連合会会長
2008年 - 2010年
次代:
篠田和久
先代:
篠田和久
日本製紙連合会会長
2012年 - 2014年
次代:
進藤清貴