芳野昌之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

芳野 昌之(よしの まさゆき、1930年8月26日[1]-2014年12月3日[2])は、作家・評論家。 兵庫県生まれ。本名・藤村健次郎。同志社大学文学部卒。1961年垂水堅二郎名義で「紙の墓碑」が江戸川乱歩賞の最終候補となる[3]読売新聞東京本社編集局長。

著書[編集]

  • 『紙の墓標』垂水堅二郎 浪速書房 1962
  • 『白犬の柩』垂水堅二郎 東都書房 1963
  • 『紙の墓碑』垂水堅二郎 浪速書房 ナニワ・ブックス 1964
  • アガサ・クリスティーの誘惑』早川書房 1990
  • 『夢を盗む女』早川書房 1991
  • マルコ・ポーロ殿の探偵』出版芸術社 1995

[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008年
  2. ^ 「文藝家協会ニュース」2015年1月
  3. ^ 直木賞のすべて・附録・江戸川乱歩賞