若いってすばらしい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
若いってすばらしい
槇みちるシングル
B面 消えた涙
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
レーベル ビクターレコード
作詞・作曲 安井かずみ宮川泰
槇みちる シングル 年表
トマト・ジュース乾杯
(1965年)
若いってすばらしい
(1966年)
恋ってすてきよ
(1967年)
テンプレートを表示

若いってすばらしい」(わかいってすばらしい)は1966年3月に発売された槇みちる歌唱の日本の歌謡曲

概要[編集]

60年代高度成長期の前向きで活力に溢れた世相を反映した爽やかで屈託の無い青春賛歌であり、坂本九のヒット曲「明日があるさ」(1963年)に触発されて作られた心情的アンサーソングでもある。

最初はNHKの若者向け番組「若い十代」で「今月のテーマソング」として披露され、大評判を呼び、レコード発売が決定。槇みちるの歌唱力とも相俟って同年を代表するヒット曲になった。なお槇がレギュラー出演していたテレビコメディ「いとはんと丁稚どん」(朝日放送制作・TBS系列)では、最終回1回前の第87話(1967年6月14日放送)で「若いってすばらしいの巻」が放送された(内容不明)。

作曲者の宮川泰は生前、自作曲の中でも本作が最も気に入っていると常々発言しており、自身の主宰する“名匠・宮川組”のコンサートの中でも必ず取り上げていた。

ペギー・マーチマリソルといった外国人歌手によってカバーされ、翌67年にはスクールメイツによってもカバーされた。さらに宮川が音楽を担当した2003年度後期のNHK連続テレビ小説てるてる家族」ではグランドフィナーレとしてキャスト総参加で歌われ、ドラマの最後を締め括った。

2006年8月12日放送のNHK第38回思い出のメロディーにおいては、宮川泰追悼の意味を込めてオープニングに全員参加で合唱された。

2008年FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!の「ネタ見せスナック若手芸人の集まる店」のCMに行く前の曲で使われた。元々はこの番組の原型「たけし・さんまの有名人の集まる店」のEDテーマであった。

2009年2月に放送を開始した、イチロー松嶋菜々子が出演するキリン一番搾りCMシリーズに、インストゥルメンタル(演奏のみ)で使用された。

2009年6月には、ABC・テレビ朝日系ドラマ「コールセンターの恋人」の中のHANAGATAテレビショッピングのテーマソングとして起用された。

2009年8月から2012年3月まで、京急本線生麦駅電車到着メロディに起用された。(同駅がキリンビール横浜工場の最寄駅であることに因む)

2010年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングで年間7位を獲得した[1]

2011年ミッツ・マングローブがカバーした。

槇みちる盤[編集]

ミッツ・マングローブ盤[編集]

  1. 若いってすばらしい
  2. 五番街のマリーへ
  3. ブルー・ライト・ヨコハマ
  4. 若いってすばらしい(オリジナル・カラオケ)
  5. 五番街のマリーへ(オリジナル・カラオケ)

参考図書[編集]

  • 宮川泰『若いってすばらしい―夢は両手にいっぱい宮川泰の音楽物語』産經新聞出版 (2007/03)

脚注[編集]

  1. ^ 2011年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2011年。