若い力 (国民体育大会歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

若い力(わかいちから)は、国民歌の一種である。1947年昭和22年)に石川県金沢市を中心として開催された第2回国民体育大会(石川国体)の際に「大会歌」として制作された[1]。作曲は高田信一、作詞は佐伯孝夫

石川国体の開催に際しては、同時に国民体育大会のマークが制定されている。

概要[編集]

国民体育大会での入場や大会旗の掲揚、運動会で入場行進曲として使われることもある。また全国の学校で運動会BGMに使用されることも多い。

通常は楽曲として歌唱または演奏されるが、石川県金沢市ではこの曲に合わせた「集団演技」が存在し、70年以上にわたりスポーツ文化の伝統として受け継がれている[1]。金沢市内の多くの小学校で「若い力」のの曲に合わせて踊る集団演技が現在でも行われており、金沢市営陸上競技場で市内の小学6年生全てが一堂に会して行われる「金沢市立小学校連合体育大会」の午後のプログラムともなっている。

金沢市の「若い力プロジェクト」では、ローカルアイドルほくりくアイドル部」が「若い力」の曲に合わせて踊る動画が制作され、金沢市スポーツ事業団のYouTube公式チャンネルで公開されている[2]

レコード[編集]

いずれも作曲は高田信一、作詞は佐伯孝夫

  • 「国体讃歌 / 若い力」ビクターレコード規格品番:AE-180
    • 編曲:高田信一、演奏:ビクター・オーケストラ
    • A面は別曲の「国体讃歌」を収録。「若い力」はB面にインストゥルメンタルとして収録。初出のオリジナルSPレコードであるが、歌唱は録音されていない。
  • 「若い力」キングレコード、規格品番:C255
    • 歌:長門美保秋元清一、キング・ヴォーカル・アンサンブル、演奏:キング管弦楽団
    • 同曲の歌唱入りレコードとしては最古に属するSPレコード。
  • 「若い力」キングレコード、規格品番:ES (H) - 56 (SF5393)
    • 編曲:藤家虹二、歌:友竹正則真理ヨシコ
    • B面は「若い力」のインストゥルメンタル(行進曲)(編曲:藤家虹二、演奏:キング・オーケストラ)ES(H)- 56(SF5394)で1971年の再録盤である。[要説明]

カバー[編集]

  • デスマーチ艦隊の3枚目のアルバム『空にはとどろ。号砲の。』に収録されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 若い力 ~金沢の伝統集団演技~ かなざわスポーツねっと、公益財団法人 金沢市スポーツ事業団
  2. ^ 若い力プロジェクト かなざわスポーツねっと、公益財団法人 金沢市スポーツ事業団

関連項目[編集]