若い東京の屋根の下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
若い東京の屋根の下
橋幸夫シングル
B面 夜のブルース
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル ビクター(VS-991)
作詞・作曲 佐伯孝夫(作詞)
吉田正(作曲)
橋幸夫 シングル 年表
新博多どんたく
(1963年1月5日)
若い東京の屋根の下
この街この海この山を
(1963年3月20日)
橋幸夫吉永小百合 年表
いつでも夢を
(1962年9月20日)
若い東京の屋根の下
(1963年)
若い歌声
(1963年11月5日)
テンプレートを表示

若い東京の屋根の下」(わかいとうきょうのやねのした)は、1963年4月20日に ビクターより発売された橋幸夫の34枚目のシングル(VS-991)で、「いつでも夢を」につづく吉永小百合とのデュエット曲である[1]。 吉永小百合、浜田光夫主演の映画「若い東京の屋根の下」の主題歌となっている(後述)

概要[編集]

  • 橋は、前年9月20日に発売した吉永小百合のデュエット曲「いつでも夢を」(VS807)で、第4回日本レコード大賞を受賞した。売上げはその後も好調で、本年春には100万を突破している(現在までの売り上げ累計は250万枚)[2]。「夢のコンビ」といわれ[3]、デュエット2作目として本楽曲が制作された。作詞佐伯孝夫は作曲吉田正で、「いつでも夢を」と同じく橋の両恩師による楽曲である。
  • 佐伯は「東京の屋根の下」という曲を、昭和23年に作詞しており、服部良一作曲、灰田勝彦歌唱[4]でヒットしたが、本作は作曲者は吉田正に変わったものの、その続編、昭和38年版といえるもの。
  • 歌詞について小野善太郎は、「東京オリンピック以前の古き良き東京のムードが溢れていて、ドキュメント的な良さがでている」としている[5]
  • 橋は、本楽曲について「音域が広いから、小百合ちゃんにはちょっとつらかったかもしれません」と回想している[5]
  • c/wは「夜のブルース」で、これも佐伯作詞、吉田作曲である。

収録曲[編集]

  1. 若い東京の屋根の下
    作詞: 佐伯孝夫、作・編曲:吉田正
  2. 夜のブルース
    作詞: 佐伯孝夫、作・編曲:吉田正

収録アルバム[編集]

  • 橋幸夫
    『橋幸夫 ザ・ベスト』(2012年7月25日) VICL-63901
    『<TWIN BEST>』(1998年11月6日)VICL-41033~4
    『<BEST ONE>』(1996年10月23日)VICL-816 ......その他
  • 吉永小百合
    『吉永小百合よみがえる歌声 ~この道は長いけど 歩きながらゆこう~』(2011年11月23日)VICL-63822
    『吉永小百合 ザ・ベスト』(2013年11月20日)VICL-41320

映画[編集]

若い東京の屋根の下
Under the Roof of Young Tokyo
監督 斎藤武市
脚本 才賀明
原作 源氏鶏太(『緑に匂う花』)
製作 児井英生(「企画」名義)
出演者 吉永小百合浜田光夫
音楽 大森盛太郎
撮影 横山実
編集 近藤光雄
製作会社 日活
公開 日本の旗1963年7月14日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本
テンプレートを表示
  • この曲のヒットで、後に吉永小百合、浜田光夫主演の映画「若い東京の屋根の下」(日活)が制作され主題歌となった。映画には橋も出演予定だったが、金沢公演での暴漢襲撃負傷事件で入院もあり、橋のスケジュールの都合がつかず、日活側の再三の要請にもかかわらず見送られた[6]
  • 映画は、1963年7月14日に公開となっている。上映時間は90分。カラー。日活スコープ
  • 歌謡映画ながら珍しく原作が有り、源氏鶏太の『緑に匂う花』が原作となっている。

スタッフ[編集]

  • 企画 - 児井英生
  • 原作 - 源氏鶏太(『緑に匂う花』)
  • 脚本 - 才賀明
  • 監督 - 斎藤武市
  • 撮影 - 横山実
  • 美術 - 坂口武玄
  • 音楽 - 大森盛太郎
  • 録音 - 橋本文雄
  • 照明 - 高橋正博
  • 編集 - 近藤光雄
  • スチール - 目黒祐司

出演者[編集]

同時上映[編集]

『男の紋章』

  • 脚本 - 甲斐久尊 / 監督 - 松尾昭典 / 主演 - 高橋英樹
  • 『男の紋章』シリーズの記念すべき第1作。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「シングルレコード・ディスコグラフィティ」橋幸夫・小野善太郎共著『橋幸夫歌謡魂』ISBN 4-948735-16-7 ワイズ出版(東京)1993/6 168-209頁以降参照
  2. ^ 『毎日新聞』1998年3月13日付夕刊 14頁
  3. ^ 『橋幸夫・吉永小百合 夢のコンビ』(MBK3083)1963年12月 ビクター出版株式会社 参照
  4. ^ ビクター音楽産業『佐伯孝夫全集/解説』 14頁
  5. ^ a b 橋幸夫・小野善太郎共著『橋幸夫歌謡魂』ISBN 4-948735-16-7 ワイズ出版(東京)1993/6 19-20頁
  6. ^ 『別冊近代映画』1963年9月号 通巻116号 107頁