若井望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
若井望
別名 Nozomu Wakai
Nozomu"Zorro"Wakai
Nozomi Wakaii
出身地 日本の旗 日本
学歴 洗足学園音楽大学音楽学部ジャズコース中退
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
職業 ギタリスト
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
アートディレクター
担当楽器 ギターベース
レーベル WARD RECORDS
共同作業者 DESTINIA, SHORTINO, SHOW-YA
公式サイト guitarofzorro.com
著名使用楽器
Kramer:Peacer Nozomu"Zorro"Wakai Custom
Kramer:Vangard Custom

若井 望(わかい のぞむ)は、日本ギタリスト血液型はA型。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズコース中退。ミュージシャンとしての活動のほか、CDジャケットやアーティストフォトを手がけるアートディレクターでもある。

略歴[編集]

高校時代にディープ・パープルを聴いて音楽に目覚める。その後、LAメタルジャパニーズ・メタルに傾倒し、洗足学園音楽大学音楽学部ジャズコースへ進学。

小野正利のライブにてスカウトされインディーズバンドでの活動、TAKUIのサポートギタリスト経て、元ANTHEM森川之雄率いるHard Rock BANDTHE POWERNUDEのギタリストとして活動。2007年に脱退。

その後、俳優藤田玲率いるDUSTZBLIZARDの村上兄弟とのバンドなどを経て、五十嵐充(元Every Little Thing)とRUSHMORE(avex)を結成。2009年、アルバムリリース。

その後は、作曲家、音楽プロデューサーとしての活動も多い。LAメタル全般をこよなく愛し、当時の楽器やブランドにもあかるく、2009年には、フェンダー傘下のシャーベルのデモンストレーションを勤める。

2010年からはギブソンUSA傘下のブランドの一つKramer Guitarsと正式契約し、デモンストレーターとしても活動。

2014年にはBLIZARDの30周年にちなんだ再結成に、音信不通であった 松川敏也の代わりに参加。若井自身、松川RAN敏也をもっとも敬愛するギタリストにあげている。

容姿やプレイスタイルも松川RAN敏也に似ており、「初めて会った時はランが目の前にいる様だった。BLIZARDでライブを行うにあたり重要な存在だった」と寺沢功一が語っている[1]

2014年11月26日には、若井自身によるソロプロジェクトNozomu Wakai's DESTINIAとしてKING RECORDSNEXUSレーベルよりアルバム「Requiem for a Scream」がリリースされる。

2014年2014年度BURRN!読者投票にて最優秀新人賞"BRIGHTEST HOPE"受賞のほか、6部門に上位ランクイン。

2015年8月12日には、Nozomu Wakai's DESTINIAとしてKING RECORDSNEXUSレーベルよりミニアルバム「Anecdote of the Queens」リリース。

2015年8月30日、Nozomu Wakai's DESTINIA ワンマンライブ「a LIVE for a Requiem」渋谷O-WESTをSold Out。

2016年浜田麻里 25th Album「Mission」に作編曲/ギター/サウンドディレクターとして参加。その後サポートギタリストとして、MARI HAMADA 2016 "Mission" TOUR に参加。

2016年聖飢魔IIのギタリスト、ルーク篁のソロツアーにサポートギタリストとして参加。

2017年自身のニューアルバムをはワードレコーズと組み、ロニー・ロメロ(レインボー/ローズ・オブ・ブラック)を迎えてワールドリリースを前提に制作することをBURRN!誌5月号にて発表。

石橋凌TRFなどのアーティストフォトおよびCDジャケットなどのアートディレクターとしての側面も持つ。

2018年 DESTINIAとしてTOTOやホワイトスネイクを擁するイタリアのメロディク・メタルの名門Frontiers Recordsと契約しフルアルバム「METAL SOULS」を全世界発売。日本盤はWard Recordsより発売。ロニーの他、マルコ・メンドーサトミー・アルドリッジがメンバーとして参加。若井本人のプロデュースのもとミックスをフレデリック・ノルドストローム、マスタリングをイェンス・ボグレンが手掛けている。

2018年12月 ROUGH CUTTのポール・ショーティノ率いるSHORTINOにギタリスト/プロデューサーとして参加。ラスベガスでアルバムを制作している。2019年にニューアルバムを発売予定。

2018年12月 SHOW-YAのプロデューサーとしてニューアルバムを制作中。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム・ミニアルバム・ライブ作品[編集]

DESTINIA
METAL SOULS(2018年)
Nozomu Wakai's DESTINIA
Requiem for a Scream(2014年)
Anecdote of the Queens(2015年)
a Live for a Scream(2016年)※ライブ作品
THE POWERNUDE
ROCK'N'ROLL RIDE(2002年)
MISSION:SMASH(2002年)
ELECTRIC SOUL(2003年)
THE BEST OF THE POWERNUDE(2004年)
都音
玲瓏(2006年)
RUSHMORE
REASON OF FOUR SEASONS(2009年)

シングル[編集]

RUSHMORE
恋情(おもい)(2008年)
ever yours(2009年)
特別なんていらない(2009年)
Christmas Tears(2009年)

主な楽曲提供[編集]

浜田麻里
Sparks
「Rin」
「Rainbow After A Storm」
Crimson
「Get Together」
米倉千尋
「Calling」(PlayStation 2ゲーム「戦神 -いくさがみ-」主題歌)
DUSTZ
「Pain」(画ニメ雨宮慶太監督「G-九」テーマソング)
「Never Again」(CS系「戦場のガールズライフ」由美のテーマ(挿入歌))
「Tomorrow」(CS系「戦場のガールズライフ」由美のテーマ(挿入歌))
「ENDLESS BLUE」
「RAIN」
「Border Line」
80_pan
「謎」 (Xbox 360ソフト「アブソリュート」主題歌)

主なレコーディング・編曲参加[編集]

浜田麻里
Tears Of Asyura
「Rainbow After A Storm」
榊原ゆい
「Kadenz」(アニメ「Dies irae」OPテーマ曲)
  • Arrangement/Guitar
「Gregorio(LxTmix)」
  • Arrangement/Programming/Guitar 「TREUE〜蒼麗の閃光〜」(ゲーム『スーパーロボット大戦OG』レオナ テーマ曲アレンジ)
  • Arrangement/Guitar
「Decoration」
  • Guitar
「Sparkle」etc...
  • Guitar
ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)
「嘆きのアラベスク」
  • Guitar
「グラジオール」(PCゲーム「CHAOS;HEAD」EDテーマ)
  • Guitar
「運命のファルファッラ」(Xbox 360ソフト「STEINS;GATE」EDテーマ)
  • Guitar
「刻司ル十二ノ盟約」(TVアニメ「STEINS;GATE」EDテーマ)
  • Guitar
Zwei
「DECLARATION」
「H-A-R-D-E-R」
  • Guitar
HANI
「君ひとりだけ」
  • Arrangement/Guitar/Bass
「初めて出逢った日のように」
  • Arrangement/Guitar/Bass
Fuki Commune
アルバム「Welcome!」より
「月が満ちる前に」
輝く夜へようこそ!
「僕が生きる世界」
  • Arrangement/Guitar
「I'll never let you down!」
「青い季節に」
「Liberator」
「未来」
  • Guitar
TVアニメ「クイーンズブレイド
「buddy-body」(EDテーマ)
  • Guitar
「on the mark」(EDテーマ)
  • Guitar
「美闘士カーニバル たおれる時は前向きに」(OVA主題歌)
  • Guitar
TVドラマ「ハングリー!」(音楽:大橋トリオ)「メインテーマ」
Guitar

プロデュース・サウンドディレクション[編集]

浜田麻里Mission
  • リエコランド「雨降り星」(TOKYO MX テレビ「読モカフェTV」)
    • Produce/Sound Direction
  • PlayStation 2ソフトエルヴァンディアストーリー(サウンドディレクション)
    • Sound Direction
  • PlayStation 2ソフト戦神-いくさがみ-(メインテーマ,EDテーマ)
    • Sound Direction

主なライブ参加[編集]

*浜田麻里

脚注[編集]

  1. ^ 「WeROCK Vol.40」(BLIZARDインタビュー)

参考文献[編集]