若兎馬裕三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

若兎馬 裕三(わかとば ひろみ、1977年6月15日 - )は、尾車部屋(入門当時は押尾川部屋)所属だった力士である。1993年3月場所で初土俵を踏み、2003年11月場所では最高位となる前頭11枚目まで番付を上げた。2007年8月に引退し年寄「押尾川」を襲名、2010年8月に退職した。東京都府中市出身で、本名は山田 裕三(やまだ ひろみ)。身長175cm、体重140kg。得意技は右四つ、寄り。

来歴[編集]

中学校時代は全国中学校相撲選手権大会に出場するなど活躍した。押尾川部屋に入門し、1993年3月場所に初土俵を踏んだ。幕下までは順調に番付を上げた。しかし、幕下上位の壁は厚く幕下中位で長く低迷した。1999年11月場所に三段目に陥落。一時は引退も考えたが、そこから8場所連続で勝ち越し、2001年3月場所には東幕下2枚目まで番付を上げた。その場所も4勝3敗と勝ち越し、9場所連続勝ち越しとなって翌5月場所に十両に昇進した。

怪我なども有り、しばらく十両と幕下を往復していたが2003年1月場所に十両に復帰すると十両に定着。同年9月場所に念願の入幕を果たした。2005年4月1日、押尾川部屋が部屋を閉じたため、若麒麟らと共に尾車部屋に移籍した。

2007年3月場所には幕下に陥落、翌5月場所は1勝6敗に終わり、5月26日に引退を表明したとスポーツ紙等で報じられたが、本人は公認サイトでこれを否定し、誤報であったことが明らかとなった。翌7月場所も出場したが3勝4敗と負け越した。

2007年8月29日引退届を提出し、年寄「押尾川」を襲名。尾車部屋付きの親方として後進の指導にあたった[1]。当初は元師匠の先々代・押尾川親方(元大関大麒麟)から名跡を借りていたが、2008年3月場所後に正式に「押尾川」の年寄株を取得した。

2010年8月9日に退職し、「押尾川」の所有権は尾車部屋所属の豪風旭に移った[2]

2018年AbemaTV大相撲LIVEで大相撲名古屋場所の解説をつとめる[3]。7月18日の出演時に、墨田区内のデイケア施設で介護の仕事をしていると語っている。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:416勝406敗28休 勝率.506
  • 幕内成績:39勝66敗 勝率.371
  • 現役在位:87場所
  • 幕内在位:7場所

場所別成績[編集]

若兎馬 裕三
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1993年
(平成5年)
x (前相撲) 東序ノ口5枚目
5–2 
東序二段140枚目
5–2 
西序二段95枚目
3–4 
東序二段118枚目
4–3 
1994年
(平成6年)
西序二段93枚目
5–2 
西序二段50枚目
5–2 
東序二段11枚目
4–3 
東三段目94枚目
4–3 
東三段目76枚目
6–1 
東三段目24枚目
2–4–1 
1995年
(平成7年)
西三段目50枚目
2–5 
西三段目78枚目
4–3 
東三段目62枚目
2–4–1 
東三段目84枚目
5–2 
西三段目53枚目
4–3 
西三段目33枚目
6–1 
1996年
(平成8年)
東幕下53枚目
3–4 
東三段目11枚目
4–3 
東幕下60枚目
5–2 
東幕下38枚目
5–2 
東幕下21枚目
3–4 
西幕下29枚目
3–4 
1997年
(平成9年)
西幕下37枚目
2–5 
西幕下57枚目
3–4 
東三段目12枚目
3–4 
西三段目25枚目
5–2 
西幕下59枚目
2–3–2 
東三段目21枚目
休場
0–0–7
1998年
(平成10年)
東三段目21枚目
休場
0–0–7
東三段目81枚目
5–2 
東三段目51枚目
7–0 
東幕下32枚目
3–4 
西幕下40枚目
5–2 
西幕下27枚目
2–5 
1999年
(平成11年)
東幕下44枚目
5–2 
東幕下29枚目
5–2 
西幕下17枚目
2–5 
東幕下31枚目
1–6 
西幕下50枚目
3–4 
東三段目4枚目
4–3 
2000年
(平成12年)
西幕下54枚目
4–3 
西幕下44枚目
4–3 
東幕下37枚目
5–2 
東幕下21枚目
4–3 
東幕下16枚目
5–2 
西幕下7枚目
5–2 
2001年
(平成13年)
東幕下4枚目
4–3 
東幕下2枚目
4–3 
東十両12枚目
7–8 
西十両13枚目
9–6 
西十両9枚目
6–9 
東十両12枚目
7–8 
2002年
(平成14年)
東十両13枚目
4–11 
西幕下5枚目
6–1 
東十両12枚目
2–13 
西幕下10枚目
4–3 
東幕下8枚目
6–1 
東幕下筆頭
4–3 
2003年
(平成15年)
西十両11枚目
8–7 
西十両8枚目
8–7 
西十両5枚目
8–7 
東十両4枚目
10–5 
東前頭13枚目
8–7 
東前頭11枚目
7–8 
2004年
(平成16年)
西前頭12枚目
4–11 
東十両4枚目
8–7 
西十両3枚目
9–6 
東前頭15枚目
3–12 
東十両5枚目
5–10 
東十両10枚目
11–4 
2005年
(平成17年)
西十両3枚目
7–8 
西十両4枚目
8–7 
東十両筆頭
6–9 
東十両5枚目
10–5 
西前頭15枚目
8–7 
東前頭12枚目
5–10 
2006年
(平成18年)
西前頭15枚目
4–11 
東十両6枚目
6–9 
東十両10枚目
9–6 
東十両7枚目
5–10 
西十両11枚目
9–6 
東十両8枚目
7–8 
2007年
(平成19年)
東十両10枚目
1–4–10 
西幕下8枚目
2–5 
西幕下22枚目
1–6 
東幕下46枚目
3–4 
東幕下57枚目
引退
––
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 山田 裕三(やまだ ひろみ)1993年3月場所-2001年3月場所
  • 若兎馬 裕三(わかとば -)2001年5月場所-2007年7月場所(番付は9月場所まで記載)

年寄変遷[編集]

  • 押尾川 裕三(おしおがわ ひろみ)2007年8月29日- 2010年8月9日

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “元幕内若兎馬が断髪式 大粒の涙”. スポーツニッポン. (2008年2月11日). オリジナルの2008年2月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080215100831/http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20080211029.html 2018年1月16日閲覧。 
  2. ^ “尾車親方「残念だが…」押尾川親方が退職”. 日刊スポーツ. (2010年8月9日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20100809-664058.html 2018年1月16日閲覧。 
  3. ^ AbemaTV 大相撲LIVE 11日目 | スモプロ” (日本語). www.sirius-net.jp. 2018年7月19日閲覧。