若央りさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

若央 りさ(わかお りさ、1965年9月10日 - )は、元宝塚歌劇団月組男役スターで、現在は同歌劇団振付家

神奈川県茅ヶ崎市出身。本名・福村 光恵(ふくむら みつえ)。愛称「ミツエ(ちゃん)」。身長165cm、血液型O型。

来歴・人物[編集]

茅ヶ崎市に女ばかり3人姉妹の次女として出生する。聖園女学院中等部卒業後、1981年宝塚音楽学校に入学する。

1983年69期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は6番。『春の踊り』/『ムーンライト・ロマンス』で初舞台。のちに月組に配属される。

同期生には、久世星佳(元月組トップスター)、高嶺ふぶき(元雪組トップスター)、麻路さき(元星組トップスター)、神奈美帆(元雪組トップ娘役)などがいる。

1987年、バウホール公演『青春の旋風~リトル・ヒーロー三四郎』で初主演。

1989年、ニューヨーク公演のメンバーに選抜される。

1994年、『風と共に去りぬ』でも女役ベル・ワットリングを演じ、同年の歌劇団ロンドン公演にも参加、重要なポジションを担った。

1995年、『ハードボイルド・エッグ/EXOTICA!』東京宝塚劇場公演(6月)限りで退団。なお同作は1月の阪神・淡路大震災の影響で宝塚大劇場公演が全日程中止となったため、3月に急遽月組バウホール公演「Beautiful Tomorrow!」が製作され、若央は本拠地・宝塚での最後のステージを務めた。

退団後は、「花嫁修業でもしながら自分のやりたいことをゆっくり探したい」と希望していたが、ほどなく「踊れて舞える」実力を見込まれ、羽山紀代美の助手に誘われた。後に歌劇団より振付助手就任依頼のオファーがあり応諾し、歌劇団の振付家として活動している。

宝塚時代の主な舞台[編集]

  • 1984年5月、『沈丁花の花道』新人公演:征木剛(本役:郷真由加)/『ザ・レビューⅡ』
  • 1984年9月、『I am What I am』(パルコ劇場・中日劇場)
  • 1984年11月、『ガイズ&ドールズ』新人公演:ベニー・サウスストリート(本役:郷真由加)
  • 1985年5月、『二都物語』新人公演:ストライバー(本役:桐さと実)/『ヒート・ウェーブ』
  • 1985年9月、『スウィート・リトル・ロックンロール』(バウ)スター・ジョン
  • 1985年11月、『ときめきの花の伝説』トト、新人公演:アレッサンドロ(本役:郷真由加)/『ザ・スィング』
  • 1986年1月、『夢の彼方に』(バウ)ピエール
  • 1986年5月、『百花扇』/『哀愁』新人公演:ジョン・ヘイズ大佐(本役:桐さと実)
  • 1986年9月、『ロータスの伝説』(バウ)ロバート・オースチン
  • 1986年11月、『パリ、それは悲しみのソナタ』新人公演:ローラン・コステロ(本役:涼風真世)/『ラ・ノスタルジー
  • 1987年5月、『ME AND MY GIRL』新人公演:ジョン・トレメイン卿(本役:郷真由加)
  • 1987年9月、『青春の旋風』(バウ)橘三四郎 *バウホール初主演
  • 1987年11月、『ME AND MY GIRL』(再演)新人公演:ジャクリーン・カーストン(本役:涼風真世)
  • 1988年5月、『南の哀愁』新人公演:ヘンリー・ヒューストン(本役:涼風真世)/『ビバ!シバ!』
  • 1988年9月、『サウンド・オブ・ミュージック』(バウ)エルサ・シュレーダー
  • 1988年11月、『恋と霧笛と銀時計』新人公演:池野源十郎(本役:桐さと実)/『レインボー・シャワー』
  • 1989年2月、『赤と黒』(バウ)ノルベール・ドゥ・ラモール伯爵
  • 1989年5月、『新源氏物語』左馬頭/右近(2役)新人公演:惟光/夕霧(2役)(本役:涼風真世)/『ザ・ドリーマー』
  • 1989年7月、『バラの花のように』(バウ)
  • 1989年10月、『宝塚をどり賛歌』/『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク)
  • 1990年2月、『大いなる遺産』クラリカー/『ザ・モダーン』
  • 1990年4月、『ロミオとジュリエット』(バウ)ベンヴォーリオ
  • 1990年8月、『川霧の橋』杉太郎/『ル・ポアゾン 愛の媚薬
  • 1990年10月、『天使の微笑・悪魔の涙』フロイト/サロメ(2役)/『レッド・ホット・ラブ』(全国ツアー)
  • 1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』ベルナール・シャトレ
  • 1991年5月、『紫陽の花しずく』(バウ)富次郎 *バウホール主演
  • 1991年9月、『銀の狼』トランティニアン/『ブレイク・ザ・ボーダー』
  • 1992年1月、『珈琲カルナバル』パウロ/『夢・フラグランス
  • 1992年7月、『PUCK』ラリー/『メモリーズ・オブ・ユー』
  • 1992年12月、『ジャンプ・フォー・ジョイ』(ドラマシティ)
  • 1993年4月、『グランドホテル』伯爵夫人/『BROADWAY BOYS』
  • 1993年5月、『ロスト・エンジェル』(バウ)ブライアン
  • 1994年1月、『風と共に去りぬ』ベル・ワットリング
  • 1994年7月、『花扇抄』/『扉のこちら』/『ミリオン・ドリームズ』(ロンドン公演)
  • 1994年11月、『エールの残照』オマリー神父/『TAKARAZUKA・オーレ!』(東宝)
  • 1994年12月、『LE MISTRAL -鏡の中に消えた男-』(ドラマシティ)フランソワ
  • 1995年3月、『Beautiful Tomorrow』(バウ)
  • 1995年6月、『ハードボイルドエッグ』ローレンス/『EXOTICA!』(東宝) *退団公演

振付した主な作品[編集]

関連項目[編集]