若宮大通公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
若宮大通

若宮大通公園(わかみやおおどおりこうえん)は、愛知県名古屋市中区にある公園である。

概要[編集]

100メートル道路」の一つとして知られる若宮大通の中間(若宮大通は、片側一方通行の道路が2つある道路で、その2つの間)に位置し、東西に長い公園である。名古屋高速道路が建設される際に公園上にルートが設定され、公園の多くが名古屋高速2号東山線の高架橋に覆われた。

道路下部を不法占拠したホームレスの住居が社会問題になったこともあり、1997年平成9年)には阪神・淡路大震災での高速道路倒壊を受けての高架補強工事のために行政代執行が行なわれ、児童向けの木製ジャングルジム「冒険とりで」などを占拠していたホームレスおよび支援団体との衝突も発生した。また、2002年(平成14年)には公園の駐車場用地にホームレス向けの緊急一時宿泊施設(シェルター)が設置されたが、2007年には事業を終了している。

公園施設[編集]

駐車場[編集]

若宮大通沿いに名古屋市の外郭団体が運営する堀留前駐車場や若宮パーク、白川前駐車場や洲崎橋駐車場などのほか、名鉄協商の白川公園駐車場や洲崎橋東駐車場など普通自動車で600台分以上があり[1]、一部は大型車[2]自動二輪にも対応している[1]

周辺[編集]

施設[編集]

地下鉄駅[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 栄エリア”. 名古屋パーキングナビ. 2014年10月12日閲覧。
  2. ^ 市内の主な大型車用駐車場”. 名古屋市 (2012年11月30日). 2014年10月12日閲覧。