若山正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

若山 正人(わかやま まさと、1955年11月[1] - )は、日本の数学者・教育者。九州大学副学長理事九州大学稲盛フロンティア研究センターセンター長。[2]

主な略歴[編集]

  • 1978年(昭和53年)3月 東京理科大学理学部卒業
  • 1982年(昭和57年)3月 広島大学大学院理学研究科修士課程修了
  • 1985年(昭和60年)3月 広島大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)
  • 1986年(昭和61年)9月 福山大学専任講師
  • 1989年(平成元年)4月 鳥取大学助教授
  • 1993年(平成5年)3月 ボローニャ大学客員教授( - 1993年(平成5年)4月、2000年(平成12年)3月 - 5月、2006年(平成18年)4月 - 5月)
  • 1994年(平成6年)4月 九州大学助教授
  • 1995年(平成7年)9月 プリンストン大学数学教室客員研究員( - 1996年(平成8年)8月)
  • 1997年(平成9年)9月 九州大学教授
  • 2002年(平成14年)10月 九州大学総長補佐( - 2003年(平成15年)9月)
  • 2005年(平成17年)4月 九州大学理学部数学科長・大学院数理学府専攻長( - 2006年(平成18年)3月)
  • 2006年(平成18年)7月 九州大学大学院数理学研究院長( - 2010年(平成22年)7月)
  • 2009年(平成21年)5月 九州大学主幹教授
  • 2010年(平成22年)4月 九州大学産業技術数理研究センター長( - 2011年(平成23年)3月)
  • 2010年(平成22年)10月
    • 九州大学高等教育開発推進センター長( - 2011年(平成23年)9月)
    • 九州大学副学長( - 2014年(平成26年)9月)
  • 2011年(平成23年)4月 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所所長( - 2014年(平成26年)9月)
  • 2011年(平成23年)10月 九州大学基幹教育院院長代理( - 2014年(平成26年)9月)
  • 2014年(平成26年)10月
    • 九州大学稲盛フロンティア研究センターセンター長
    • 九州大学理事・副学長

主な所属学会[編集]

  • 日本数学会
  • American Mathematical Societyなど

主な受賞[編集]

  • 2007年 ナイスステップな研究者2007(文部科学省)

著書[編集]

  • 『ゼータの世界(共著)』日本評論社、1999年。
  • 『エンカルタ電子大百科辞典, 数学部門(執筆・監修)』マイクロソフト社。
  • 『絶対カシミール元(共著)』岩波書店、2002年。
  • 『数学の最先端 21世紀への挑戦 第2巻, どこでも熱核, J. Jorgensen and S. Lang著(分担訳)』シュプリンガ-東京、2002年。
  • 『オイラー入門, William Dunham 著(共訳)』シュプリンガ-東京、2004年。
  • 『技術に生きる現代数学(編著)』岩波書店、2008年。
  • 『現代技術への数学入門(6巻)(編著)』講談社 、2008年。
  • 『可視化の技術と現代幾何学(編集)』岩波書店 、2010年。

脚注[編集]

  1. ^ 若山 正人 経歴等
  2. ^ 若山 正人 九州大学