若木 (板橋区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 板橋区 > 若木 (板橋区)
若木
—  町丁  —
若木通り
若木の位置(東京23区内)
若木
若木
若木の位置
座標: 北緯35度46分3.26秒 東経139度40分19.04秒 / 北緯35.7675722度 東経139.6719556度 / 35.7675722; 139.6719556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 志村地域
面積
 - 計 0.532km2 (0.2mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 10,345人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 174-0065[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬(2020年度より板橋)

若木(わかぎ)は、東京都板橋区町名[4][5]。現行行政地名は若木一丁目から三丁目。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は174-0065[2]

地理[編集]

板橋区の中央部に位置する。北で相生町、東で中台、南で上板橋、南西の一部で練馬区北町、西で西台と隣接する。町域の北辺を首都高速道路の高架橋が通じている。町域内は住宅地および中小の工場が見られる。[4]。町域は武蔵野台地成増台と荒川低地の境をなす、志村の崖線後背部に相当する。摺鉢状の谷戸地形が形成されていて、台地と低地が複雑に入り組んでいる。若木通りの国際興業バス若木三丁目停留所付近では、路上からも谷戸地形越しに東京スカイツリーが遠望できる。

地価[編集]

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、若木1-23-2の地点で31万3000円/m2となっている[6]

歴史[編集]

廃藩置県実施前は武蔵国豊島郡中台村および西台村。

沿革[編集]

地名の由来[編集]

町内の若木小学校に由来する。児童が若木のようにすくすく育つことを願って命名された。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
若木一丁目 2,117世帯 4,310人
若木二丁目 2,050世帯 3,520人
若木三丁目 1,194世帯 2,515人
5,361世帯 10,345人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
若木一丁目 全域 板橋区立若木小学校 板橋区立中台中学校
若木二丁目 全域
若木三丁目 1~20番
22番、24番
26番、28番
30番
21番、23番
25番、27番
29番、31番
板橋区立志村第五小学校 板橋区立西台中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町域に駅は存在しないが、以下の路線が利用可能である。

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ a b 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P795
  5. ^ 『いたばしの地名』板橋区教育委員会、1995年、P189-190
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。