若松邦弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若松 邦弘(わかまつ くにひろ、1966年8月 - )は、日本政治学者東京外国語大学大学院総合国際学研究院(国際社会部門・国際研究系)教授Ph.D.政治学博士)。専門は、西欧比較政治論、政策過程論、イギリス現代政治論

略歴[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 宮島喬・小森宏美)『地域のヨーロッパ――多層化・再編・再生』(人文書院、2007年)

論文[編集]

雑誌論文[編集]

  • 「イギリスにおける人種関係政策の展開と現状――政府の取り組み」『国際政治』110号(1995年)
  • 「入国管理分野における西欧諸国の政策協調――欧州委員会とイギリス政府の論理の相違」『相関社会科学』6号(1996年)
  • 「脱植民地化のなかの入国管理政策――旧帝国地域からの入国に関するイギリスの政策」『社會科學紀要』50号(2000年)
  • 「「イギリスにおける地方統治の変容――サブナショナルなレベルの活性化」『日本比較政治学会年報』5号(2003年)

単行本所収論文[編集]

  • 「ヨーロッパ統合とイギリス――イングランドにおける地域制度の成立」宮島喬・羽場久美子編『ヨーロッパ統合のゆくえ――民族・地域・国家』(人文書院、2001年)