若林實

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

若林 實(わかばやし みのる[1]1922年 - 2009年1月17日[2])は、日本の建築構造学者。京都大学名誉教授[3]、専門は脆性構造耐震、鉄骨鉄筋コンクリート構造。

東京都出身。東京大学生産技術研究所本所第5部助手(1951年~1957年まで)京都大学防災研究所教授[4][5][6]、財団法人日本建築総合試験所所長[7]などを歴任した。

著書に、『鉄骨の設計』[8][9](大学講座建築学構造編)『新建築学大系 42 合成構造の設計』[10]『耐震建築の設計』[11]『鉄骨構造学詳論』など。

1992年、日本建築学会賞大賞受賞[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中島正愛 (2009-04). “若林實先生の逝去を悼む(名誉会員若林實先生逝去,会員フォーラム)”. 建築雑誌 (1589): 54. https://ci.nii.ac.jp/naid/110007230205. 
  2. ^ 若林實 - まいり”. mairi.me. 2019年12月6日閲覧。
  3. ^ 若林實氏死去/京都大名誉教授”. 四国新聞社. 2019年12月6日閲覧。
  4. ^ 石﨑潑雄・若林實教授の御退官によせて - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2019年12月6日閲覧。
  5. ^ more info 09”. www.iis.u-tokyo.ac.jp. 2019年12月6日閲覧。
  6. ^ 豊島光夫 (1999-0 3). 鉄筋最前線: 鉄筋工事の「なぜ?」を解きほぐす. Kenchikugijutsu. ISBN 978-4-7677-0087-8. https://books.google.co.jp/books?id=ArZV255WGIUC&pg=PA87&lpg=PA87&dq=%E8%8B%A5%E6%9E%97%E5%AF%A6&source=bl&ots=tSd4_6cdhj&sig=ACfU3U1vHZpUsPBKRwxGjyEH8htTQHz-GA&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjWi_KQ_Z_mAhUBfnAKHSRBAZ84UBDoATAIegQICBAC 
  7. ^ [1] (PDF)
  8. ^ 著者詳細 - 若林 實 | 共立出版”. www.kyoritsu-pub.co.jp. 2019年12月6日閲覧。
  9. ^ 鉄骨の設計 / 若林実/著”. オンライン書店 e-hon. 2019年12月6日閲覧。
  10. ^ 建築・土木図書専門出版の彰国社”. www.shokokusha.co.jp. 2019年12月6日閲覧。
  11. ^ 『耐震建築の設計』|感想・レビュー”. 読書メーター. 2019年12月6日閲覧。
  12. ^ [2] (PDF)