若林幸樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

若林 幸樹(わかばやし こうき、1963年2月1日 - )は、日本俳優お笑い芸人。本名同じ。東京都国分寺市出身。希楽星所属。血液型A型。身長178cm。

人物[編集]

1963年(昭和38年)2月1日、午前11時5分 東京都立川共済病院で生まれ、国分寺市で育つ。中学時代にKISSに傾倒し、エレキギターに目覚めハードロック少年となる。

高校3年の時、隣に座る女生徒の家庭教師が映画の助監督をやっていて、出演者を捜している情報を聞きつけ、無理やり映画に参加。

その映画が、石井岳龍(旧石井聰亙)監督のシャッフル (1981年)という作品だった。

大学受験に失敗し、東京のデザイン専門学校へ。流されるまま大手印刷会社に就職。

1年後に役職が付くが、部下と上司の板挟みに苦しめられ、おまけに色弱という色が分からない事に気付き、あえなく退社。


劇団員~ダンサーへ

高校時代に出演したあの快感が忘れられず、デビューという雑誌を見て、近かったのと手っ取り早かったというだけのことで、阿佐ヶ谷に会った劇団「遙」の門を叩く。研究生の後、劇団員になるが数年後に分裂。

行き先を見失っていた所に、元マネージャから東京ディズニーランドのダンサーの仕事を紹介される。

オーディションでは何も踊る事が出来ず、ただリズムに乗って笑顔で笑っているのが精一杯だったが、どういうわけか結果は合格。

フラッグ隊としてスタートするが満足できず、死に物狂いでダンスのレッスンに通い続け、ショーダンサーとしての地位を得る。

20代後半に差し掛かりダンサーとしての限界を感じていた頃、たまたま出入りしていたザ・ニュースペーパーのメンバーと知り合い、お笑いの道へ


お笑い~役者へ

見習い期間を経て、社会風刺コントグループ「ザ・ニュースペーパー」の正式メンバーとして参加。

主な役は、細川護熙・鳩山由紀夫・野茂英雄・ビンラディンなど

退団後、自分たちのお笑いを目指したいと、同じ事務所だった元U2ROCKETの石山博士とTNPメンバーだった福島カツシゲと共に、3人組お笑いユニット「COLORS」を結成。

サンミュージックプロダクションやパパイヤ鈴木のプランチャイムなどの芸能事務所を渡り歩き、それぞれの活動を重視したいと解散。

現在は役者として芸能事務所希楽星に所属しながら、パントマイムやジャグラーなどのパフォーマーとして全国のイベントなどでも活躍。

舞台を中心にナレーションやドラマにも活動の場を広げ、俳優養成所「ワンネスアカデミー」「ヴォイス&アクターズ道場」・劇団・学校・カルチャーセンターで演技講師を務める。

最近では、ベンチャー企業などの依頼を受け、新人研修のコミュニケーションプログラムの講師として指導をしている。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

CM[編集]

  • 大正製薬「ゼナ」
  • フジテレビ「きっかけはフジテレビ」
  • アサヒ飲料「新・十六茶」インフォマーシャル
  • 日本盛「コシアミ」CMナレーション(10月〜テレビ朝日系列)
  • 「パチンコアミューズメント土崎」(2008年、秋田県内のみ)
  • 「ドラッグトップス」(2009年、新潟県・福島県のみ)
  • 新造人間キャシャーンパチンコ西陣CM「成果主義の果てに」篇
  • 十六茶 アサヒ飲料〜朝ブレンド出社編・会議編
  • アース製薬「バスロマン〜おどり篇」
  • 関東電気保安協会「喋るコンセント編」ナレーション
  • スタッフサービス「席替えの時間篇」社長役
  • TikTok #だれでもダンス 「ギネス世界記録 挑戦編」WebCM ボクサートレーナー役
  • ウタマロ石鹼「黒い男2」WebCM
  • ウォータースタンド「さかな社長と憂える社員達」マグロ専務の声

PV[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • 地球ゴージャス」公演VOL.3「地図にない街〜ドヘネケヘキシン」(1999年2月天王洲アイル)岸谷五朗寺脇康文主演
  • 劇団I.O.H「フォーティラブ」(2000年6月、下北沢OFFOFFシアター)
  • ダミーム「ホームベース」(2000年11月・中野光座)宇梶剛士作・演出
  • ソロライブ「天才!WAKAっちSHOW」(2001年5月、明大前キッド・アイラック・アート・ホール
  • 博品館ミュージカル「THE LITTLE GHOST」(2003年8月、博品館劇場)
  • 「THE LORD OF THE DANCE/パパイヤ鈴木」(2004年10月、新宿シアターアプル)
  • 桑田佳祐 Act Against AIDS 2004「THE GOLDEN AGE OF BRITISH ROCK 〜愛と青春の英国ロック〜」(2004年11月30日〜12月2日、パシフィコ横浜国立大ホール)
  • 九十九一夜物語2(2006年6月、四ツ谷・石響)九十九一
  • 第22回池袋演劇祭参加作品/集団田中番外公演「ジーMEN」(2010年8月30日〜大塚STUDIO 9)
  • まじんプロジェクト「愛はガツン!」(2011年4月、赤坂レッドシアター)
  • 新宿ラブダンディー@新宿シアターモリエール(劇団虎のこ)(2011年9月、新宿シアターモリエール)
  • 猿王プロデュース /コントLIVE『独猿会』〜猿一匹ですが・・・(2011年12月28日@代官山・晴れたら空に豆まいて) 
  • 漢OTOKO MATSURI祭富良野演劇工場(2012年2月17・18日、富良野演劇工場)
  • ドラ基地第一回公演/オムニバス舞台『アイニク』ザムザ阿佐谷(2012年3月8日〜11日)
  • まじんプロジェクト第2回公演「くれない坂の猫」(2012年10月、赤坂レッドシアター)
  • 私立恵比寿中学私立恵比寿中学年忘れ大学芸会「エビ中のジャングル大冒険」」(2012年12月15日中野サンプラザ)無関心地蔵の声
  • 北海道芸術鑑賞会・笑劇「ようこそパントマイムの世界へ」富良野塾OBユニット〜幕別町百年記念ホール(2013年11月20・21日)
  • 北海道芸術鑑賞会・笑劇「ようこそパントマイムの世界へ」富良野塾OBユニット〜富良野文化会館(2014年9月2・3日)
  • ゲキジョーN☆RNiR<ノニエル> 旗揚げ公演「TRANS-トランス」 (2015年 3月27〜29日)@上野小劇場
  • 第二回へたっぴ落語の会(2015年5月28日〜31日)下北沢亭
  • 北海道芸術鑑賞公演・笑劇「ようこそパントマイムの世界へ」 東川小(2015年8月26日) 七飯町パイオニアホール(9月8日)中富良野町総合スポーツセンター(9月14日)
  • 北海道芸術鑑賞会・笑劇「ようこそパントマイムの世界へ」富良野塾OBユニット〜東神楽中学校(2016年11月1日)
  • 2018.森林保全活動チャリティーコンサート 千葉市民会館大ホール 司会進行(2018年9月9日)

VP[編集]

  • 「日立製作所〜スマートモビリティ」
  • 「ファイザー ケーススタディビデオ」
  • 「自動車共済安心サポーター」
  • 「警視庁管内特殊暴力防止対策連合会」 不当要求者役

WEB動画[編集]

  • 株式会社タジマ「一新多助王(KING)」WEB動画
  • インターネット音楽情報番組「RED HOT@TV」ナビゲーターDJラビオ(ホットスタッフ)ナレーション

DVD[編集]